Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トルライフ・ハウグ(Thorleif Haug 、1894年9月28日  - 1934年12月12日)はノルウェーの元クロスカントリースキー、ノルディック複合、スキージャンプ選手。1910-20年代にクロスカントリースキー、ノルディック複合で最強を誇り、1924年、フランス・シャモニーでの第1回冬季オリンピックでノルディックスキー4種目の内3種目で金メダルを獲得、スキージャンプでも銅メダルを獲得した。しかしこのスキージャンプでは50年後の1974年になって当時の成績に計算ミスが発見され、アメリカのアンダース・ハウゲンが3位、ハウグは4位となった。加えて、ホルメンコーレンスキー大会のクロスカントリー50kmで史上最多6度の優勝(1918年から1921年まで4連覇、1923年1924年2連覇)、同ノルディック複合で3度優勝(1919年から1921年まで3連覇)している。1919年にはオットー・アーセン(ノルウェー)とともにホルメンコーレン・メダルを受賞している。ハウグは1926年のノルディックスキー世界選手権(ラハティ) にてノルディック複合銀メダルを獲得している。ハウグはブスケルー県ドランメン市とリエルの中間にあるヴィヴェルスタVivelstadという谷で生まれ、6歳頃Årkvislaに移り住んだ。ドランメン市のDrafn Skiclubを代表する選手だった。ハウグが所属していたスキークラブでは1966年から彼の名を冠した記念レースを開催している(Thorleif Haugs Minneløp)。このレースはGeithus村からドランメン市まで走るが、途中Årkvislaにあるかつての自宅周辺を通るようにコースが設定されている。1934年、40歳の若さで肺炎のため死去。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1490799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58603557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トルライフ・ハウグ(Thorleif Haug 、1894年9月28日  - 1934年12月12日)はノルウェーの元クロスカントリースキー、ノルディック複合、スキージャンプ選手。1910-20年代にクロスカントリースキー、ノルディック複合で最強を誇り、1924年、フランス・シャモニーでの第1回冬季オリンピックでノルディックスキー4種目の内3種目で金メダルを獲得、スキージャンプでも銅メダルを獲得した。しかしこのスキージャンプでは50年後の1974年になって当時の成績に計算ミスが発見され、アメリカのアンダース・ハウゲンが3位、ハウグは4位となった。加えて、ホルメンコーレンスキー大会のクロスカントリー50kmで史上最多6度の優勝(1918年から1921年まで4連覇、1923年1924年2連覇)、同ノルディック複合で3度優勝(1919年から1921年まで3連覇)している。1919年にはオットー・アーセン(ノルウェー)とともにホルメンコーレン・メダルを受賞している。ハウグは1926年のノルディックスキー世界選手権(ラハティ) にてノルディック複合銀メダルを獲得している。ハウグはブスケルー県ドランメン市とリエルの中間にあるヴィヴェルスタVivelstadという谷で生まれ、6歳頃Årkvislaに移り住んだ。ドランメン市のDrafn Skiclubを代表する選手だった。ハウグが所属していたスキークラブでは1966年から彼の名を冠した記念レースを開催している(Thorleif Haugs Minneløp)。このレースはGeithus村からドランメン市まで走るが、途中Årkvislaにあるかつての自宅周辺を通るようにコースが設定されている。1934年、40歳の若さで肺炎のため死去。
rdfs:label
  • トルライフ・ハウグ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of