Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トルコ料理(トルコりょうり)は、トルコのトルコ民族の郷土料理であり、世界三大料理の一つである。特徴として、中央アジアの食文化である羊を中心とした肉料理ヨーグルトやナッツ類を料理に使う黒海、地中海などの海産物を利用する冷菜には地中海周辺で取れるオリーブ・オイルを使用する(温菜にはバターが好まれる)アラビア周辺から広がった小麦粉とアジアの主食である米の両方を使うなど、東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つことが挙げられる。トルコの国内でも地域ごとに異なる特徴をもつ郷土料理もあり、例えば、北部黒海沿岸地域ではトウモロコシやアンチョビをよく使い、南東部ではトウガラシの風味が強いケバブ類を発展させており、西部では、特産のオリーブ・オイルの風味を活かした料理が多く、中央部の中央アナトリア地方では、パスタ料理が名高い。トルコの伝統料理ケシケキ(麦1カップ、鶏ささみ肉2~3本を裂き、水たっぷりに、塩を入れた麦粥に、30~50グラムのこがしバターをかけた物)は、ユネスコの無形文化遺産に登録されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 22890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57840093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トルコ料理(トルコりょうり)は、トルコのトルコ民族の郷土料理であり、世界三大料理の一つである。特徴として、中央アジアの食文化である羊を中心とした肉料理ヨーグルトやナッツ類を料理に使う黒海、地中海などの海産物を利用する冷菜には地中海周辺で取れるオリーブ・オイルを使用する(温菜にはバターが好まれる)アラビア周辺から広がった小麦粉とアジアの主食である米の両方を使うなど、東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つことが挙げられる。トルコの国内でも地域ごとに異なる特徴をもつ郷土料理もあり、例えば、北部黒海沿岸地域ではトウモロコシやアンチョビをよく使い、南東部ではトウガラシの風味が強いケバブ類を発展させており、西部では、特産のオリーブ・オイルの風味を活かした料理が多く、中央部の中央アナトリア地方では、パスタ料理が名高い。トルコの伝統料理ケシケキ(麦1カップ、鶏ささみ肉2~3本を裂き、水たっぷりに、塩を入れた麦粥に、30~50グラムのこがしバターをかけた物)は、ユネスコの無形文化遺産に登録されている。
rdfs:label
  • トルコ料理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of