Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トリヨードサイロニン(Triiodothyronine)は甲状腺ホルモンの一種である。T3とも言われる。甲状腺刺激ホルモン(TSH)はサイロキシン(T4)とトリヨードサイロニンの生産を促す。視床下部では、T4はT3に変換され、TSHは主にT3によって阻害される。甲状腺はT3よりもT4を多く生産するため、血漿中でのT4の濃度はT3の濃度より40倍も高くなる。体内を循環するT3の大部分はこうしてT4の5位の炭素が脱ヨード化されたものである。トリヨードサイロニンの構造はサイロキシンと類似しているが、1分子あたりヨウ素原子が1つだけ少ない。さらに、T3は活性が強く少量しか生産されない。T3は最も強力な甲状腺ホルモンで、体温、成長、心拍数などを含めた体内のほぼ全ての過程に関与している。
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (2S)-2-amino-3-[4-(4-hydroxy-3-iodo-phenoxy)- 3,5-diiodo-phenyl]propanoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1384343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57923948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • -Triiodthyronine Structural Formulae V2.svg
  • T3-3D-balls.png
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 1980.0
  • T3
  • triiodothyronine
prop-ja:verifiedrevid
  • 410157444 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トリヨードサイロニン(Triiodothyronine)は甲状腺ホルモンの一種である。T3とも言われる。甲状腺刺激ホルモン(TSH)はサイロキシン(T4)とトリヨードサイロニンの生産を促す。視床下部では、T4はT3に変換され、TSHは主にT3によって阻害される。甲状腺はT3よりもT4を多く生産するため、血漿中でのT4の濃度はT3の濃度より40倍も高くなる。体内を循環するT3の大部分はこうしてT4の5位の炭素が脱ヨード化されたものである。トリヨードサイロニンの構造はサイロキシンと類似しているが、1分子あたりヨウ素原子が1つだけ少ない。さらに、T3は活性が強く少量しか生産されない。T3は最も強力な甲状腺ホルモンで、体温、成長、心拍数などを含めた体内のほぼ全ての過程に関与している。
rdfs:label
  • トリヨードサイロニン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • T3
  • triiodothyronine
  • 3,3',5-triiodo-(L)-thyronine
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of