Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トリニトロアセトニトリル (trinitroacetonitrile) とは、有機化合物の一種で、示性式が (O2N)3CCN と表されるニトロ化合物、ニトリル。融点41.5°Cの固体。シアノ酢酸に発煙硝酸と発煙硫酸を順次作用させて合成した例が報告されている。ショウノウのような固体で揮発性が強く、速やかに加熱すると220°Cで爆発する。水や、アルコールとアルカリで分解する。硫化水素により還元されてジニトロアセトニトリルに変わる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 630-72-8
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 840008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 20706020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 630 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • トリニトロアセトニトリル
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C2N4O6
prop-ja:分子量
  • 170.040000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 固体
prop-ja:構造式
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 41.500000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トリニトロアセトニトリル (trinitroacetonitrile) とは、有機化合物の一種で、示性式が (O2N)3CCN と表されるニトロ化合物、ニトリル。融点41.5°Cの固体。シアノ酢酸に発煙硝酸と発煙硫酸を順次作用させて合成した例が報告されている。ショウノウのような固体で揮発性が強く、速やかに加熱すると220°Cで爆発する。水や、アルコールとアルカリで分解する。硫化水素により還元されてジニトロアセトニトリルに変わる。
rdfs:label
  • トリニトロアセトニトリル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • トリニトロアセトニトリル
is foaf:primaryTopic of