Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トリトンの大気(Atmosphere of Triton)は、トリトンの上空800kmまで広がっている。組成はタイタンの大気や地球の大気と同様に主に窒素である。地表での気圧はわずか14マイクロバールであり、地球の約7万分の1である。もともとトリトンは厚い大気を持つと考えられており、1989年に接近したボイジャー2号によって観測された。その後の観測で、温度が上昇していることが示されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2707752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52015889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トリトンの大気(Atmosphere of Triton)は、トリトンの上空800kmまで広がっている。組成はタイタンの大気や地球の大気と同様に主に窒素である。地表での気圧はわずか14マイクロバールであり、地球の約7万分の1である。もともとトリトンは厚い大気を持つと考えられており、1989年に接近したボイジャー2号によって観測された。その後の観測で、温度が上昇していることが示されている。
rdfs:label
  • トリトンの大気
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of