Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス・アウグストゥス(ラテン語:Marcus Ulpius Nerva Trajanus Augustus マールクス・ウルピウス・ネルウァ・トライヤーヌス・アウグストゥス、53年9月18日 - 117年8月9日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:98年 - 117年)で、ネルウァ=アントニヌス朝の第2代皇帝である。文武の両面で辣腕を揮い、帝国内の公共施設の強化と領土の拡大に成功した。特に対外面ではダキア・パルティアで功績をあげ、ローマ帝国史上最大の版図を現出した。イタリア本土出身者でない、初の属州生まれの皇帝でもある。それまでは、首都ローマを含むイタリア本土出身者の最上流貴族しか皇帝に選ばれたことはなかった。トラヤヌスは同時代から現在に至るまで優れた君主として尊敬を受けるローマ皇帝であり、後世の君主たちからも讃えられた。古代末期から中世にかけてのキリスト教史観でもこの名声は維持され、近代においてもギボンが「五賢帝」の一人として彼を賞賛している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 31299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57033391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:regent
  • dbpedia-ja:ネルウァ
  • マルクス・ラベルリウス・マクシムス
  • マニウス・アキリウス・グラブリオ
  • ティトゥス・セクトゥス・アフリカヌス
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 91 (xsd:integer)
  • 98 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
  • 103 (xsd:integer)
  • 112 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • トラヤヌス
prop-ja:全名
  • マルクス・ウルピウス・トラヤヌスMarcus Ulpius Trajanusカエサル・マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス(後継者指名時)Caesar Marcus Ulpius Nerva Trajanusインペトラル・カエサル・ディウィ・ネルウァエ・フィリウス・ネルウァ・トラヤヌス・オプティムス・アウグストゥス・ゲルマニクス・ダキクス・パルティニクス(即位後)Imperator Caesar Divi Nervae filius Nerva Trajanus Optimus Augustus Germanicus Dacicus Parthicus
prop-ja:出生日
  • --09-18
prop-ja:君主号
  • ローマ皇帝
prop-ja:在位
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
prop-ja:子女
  • なし
prop-ja:死亡日
  • 0117-08-09 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • (キリキア属州)
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • (ヒスパニア・バエティカ属州)
prop-ja:画像
  • Traianus Glyptothek Munich 72.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 「トラヤヌス胸像」(グリュプトテーク所蔵)
prop-ja:継承形式
  • 継承
prop-ja:継承者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス・アウグストゥス(ラテン語:Marcus Ulpius Nerva Trajanus Augustus マールクス・ウルピウス・ネルウァ・トライヤーヌス・アウグストゥス、53年9月18日 - 117年8月9日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:98年 - 117年)で、ネルウァ=アントニヌス朝の第2代皇帝である。文武の両面で辣腕を揮い、帝国内の公共施設の強化と領土の拡大に成功した。特に対外面ではダキア・パルティアで功績をあげ、ローマ帝国史上最大の版図を現出した。イタリア本土出身者でない、初の属州生まれの皇帝でもある。それまでは、首都ローマを含むイタリア本土出身者の最上流貴族しか皇帝に選ばれたことはなかった。トラヤヌスは同時代から現在に至るまで優れた君主として尊敬を受けるローマ皇帝であり、後世の君主たちからも讃えられた。古代末期から中世にかけてのキリスト教史観でもこの名声は維持され、近代においてもギボンが「五賢帝」の一人として彼を賞賛している。
rdfs:label
  • トラヤヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:builder of
is prop-ja:eventStart of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:継承者 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of