Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トライアンフ・ドロマイト(Triumph Dolomite)は、イギリスの自動車メーカー・ブリティッシュ・レイランド(BLMC、1975年の国営化以降はBL。)のトライアンフ部門が1972年から1980年まで生産した小型乗用車である。当初はBMW・1602/1802/2002やアルファロメオ・アルフェッタをライバルとした高性能なスポーティサルーンとして発売されたが、経営難のBLMCは新しい車体を開発することが出来ず、1965年に登場した前輪駆動(FF)の1300のものをベースとしていた。ドロマイトは苦灰岩という鉱物の名前でもあるが、車名はイタリアの東アルプス山系であるドロミーティに由来し、1930年代に人気を呼んだスポーティーカーの名称を復活させたものである。当時のBLMCが発売した新型車としては珍しく、ドロマイトは市場では比較的好評に迎えられたが、メーカーではそれを下級モデルの販売にも利用しようと、1976年以降は1300の後継モデルであった後輪駆動(FR)のトレドや1500TCをも「ドロマイト1300/1500」に改名してシリーズに加えたため、それ以降の「ドロマイト」はトライアンフ製小型セダンの単なる総称となってしまった。1980年をもって生産中止となり、1981年からは日本のホンダ・バラードをベースとしたアクレイムに切り替えられたため、最後の純粋な英国デザインのトライアンフ乗用車となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1794610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57703380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像の説明
  • スプリント
prop-ja:1枚目画像名
  • Triumph Dolomite Sprint.jpg
prop-ja:2枚目画像の説明
  • 1850 (xsd:integer)
prop-ja:2枚目画像名
  • Triumph Dolomite Early one in England.jpg
prop-ja:3枚目画像の説明
  • 1500 (xsd:integer)
prop-ja:3枚目画像名
  • Triumph Dolomite 1500 reg 1980 1493 cc.JPG
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 直列4気筒OHV・1296/1493cc=SOHC・1850ccSOHC・16バルブ1988cc
prop-ja:トランスミッション
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ホイールベース
  • 2438.0
prop-ja:ボディタイプ
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 1575.0
prop-ja:全長
  • 4114.0
prop-ja:後継
prop-ja:自由項目1(内容)_
prop-ja:自由項目1(項目名)_
  • デザイン
prop-ja:自由項目2(内容)_
  • 204003 (xsd:integer)
prop-ja:自由項目2(項目名)_
  • 生産台数
prop-ja:製造期間
  • 1972 (xsd:integer)
prop-ja:車名
  • トライアンフ・ドロマイト
prop-ja:車種
  • 普通自動車
prop-ja:駆動方式
  • FR
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トライアンフ・ドロマイト(Triumph Dolomite)は、イギリスの自動車メーカー・ブリティッシュ・レイランド(BLMC、1975年の国営化以降はBL。)のトライアンフ部門が1972年から1980年まで生産した小型乗用車である。当初はBMW・1602/1802/2002やアルファロメオ・アルフェッタをライバルとした高性能なスポーティサルーンとして発売されたが、経営難のBLMCは新しい車体を開発することが出来ず、1965年に登場した前輪駆動(FF)の1300のものをベースとしていた。ドロマイトは苦灰岩という鉱物の名前でもあるが、車名はイタリアの東アルプス山系であるドロミーティに由来し、1930年代に人気を呼んだスポーティーカーの名称を復活させたものである。当時のBLMCが発売した新型車としては珍しく、ドロマイトは市場では比較的好評に迎えられたが、メーカーではそれを下級モデルの販売にも利用しようと、1976年以降は1300の後継モデルであった後輪駆動(FR)のトレドや1500TCをも「ドロマイト1300/1500」に改名してシリーズに加えたため、それ以降の「ドロマイト」はトライアンフ製小型セダンの単なる総称となってしまった。1980年をもって生産中止となり、1981年からは日本のホンダ・バラードをベースとしたアクレイムに切り替えられたため、最後の純粋な英国デザインのトライアンフ乗用車となった。
rdfs:label
  • トライアンフ・ドロマイト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:同エンジン of
is foaf:primaryTopic of