Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton 1951年12月31日 - )は、アメリカのロックバンド・エアロスミスのベーシストである。1951年コロラド州コロラドスプリングスに生まれた。12歳の時にギターを始めたが、14歳でローカルバンドに参加した際、いなかったベースに転向した。その後、ジョー・ペリーやデビッド・スコットと出会い、バンドを何度も変えながら組むようになった。ニューハンプシャー州で出会ったスティーヴン・タイラーが加わり、ボストンへ移る。しばらくしてスコットが脱退し、タイラーがドラマーとなった。ハミルトンのベース、ペリーのギター、タイラーのドラム及びボーカルで活動したが、その後レイモンド・タバーノ、さらにはジョーイ・クレイマーがドラマーとして加わり、タイラーはボーカルに専念するようになった。その後、タバーノの代わりにブラッド・ウィットフォードが加入し、エアロスミスが誕生した。2006年8月、喉頭癌であることを告白、7週間に渡る放射線治療、化学療法を受けたことを公表し、その年のツアーに参加することができなくなり、ジョー・ペリー・プロジェクトの一員であるデビッド・ハルが代役を務めた。同年9月にボストンで行われたプライベートショーに姿を現し、12月3日にニューヨークのビーコン・シアターで行われた公演で復帰した。その後、再度手術を受けるためツアーをキャンセルし、ハルが代役を務めた。また2009年には、足の怪我で同様の交代が行われた。2011年には癌が再発し、喉と舌の癌を取り除くためレーザー手術を受けた。Ksat.comによると、レーザー手術により舌根から癌を取り除こうとする治療法は珍しく、話すことができなくなる可能性もあったが、手術は声帯や気道を痛めることなく無事に成功。ハミルトンは、「意識を取り戻して、すぐに声を出してみたけど、いつものように出た」と話していた。その後、無事バンドに復帰した。
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1971-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:associatedBand
dbpedia-owl:associatedMusicalArtist
dbpedia-owl:background
  • instrumentalist
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2266643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54310476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:associatedActs
prop-ja:background
  • instrumentalist
prop-ja:birthName
  • トーマス・ウィリアム・ハミルトン
prop-ja:born
  • 1951-12-31 (xsd:date)
  • アメリカ合衆国コロラド州コロラドスプリングス
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • 358195 (xsd:integer)
prop-ja:img
  • Aerosmithbajo.jpg
prop-ja:instrument
prop-ja:name
  • Tom Hamilton
  • トム・ハミルトン
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1971 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton 1951年12月31日 - )は、アメリカのロックバンド・エアロスミスのベーシストである。1951年コロラド州コロラドスプリングスに生まれた。12歳の時にギターを始めたが、14歳でローカルバンドに参加した際、いなかったベースに転向した。その後、ジョー・ペリーやデビッド・スコットと出会い、バンドを何度も変えながら組むようになった。ニューハンプシャー州で出会ったスティーヴン・タイラーが加わり、ボストンへ移る。しばらくしてスコットが脱退し、タイラーがドラマーとなった。ハミルトンのベース、ペリーのギター、タイラーのドラム及びボーカルで活動したが、その後レイモンド・タバーノ、さらにはジョーイ・クレイマーがドラマーとして加わり、タイラーはボーカルに専念するようになった。その後、タバーノの代わりにブラッド・ウィットフォードが加入し、エアロスミスが誕生した。2006年8月、喉頭癌であることを告白、7週間に渡る放射線治療、化学療法を受けたことを公表し、その年のツアーに参加することができなくなり、ジョー・ペリー・プロジェクトの一員であるデビッド・ハルが代役を務めた。同年9月にボストンで行われたプライベートショーに姿を現し、12月3日にニューヨークのビーコン・シアターで行われた公演で復帰した。その後、再度手術を受けるためツアーをキャンセルし、ハルが代役を務めた。また2009年には、足の怪我で同様の交代が行われた。2011年には癌が再発し、喉と舌の癌を取り除くためレーザー手術を受けた。Ksat.comによると、レーザー手術により舌根から癌を取り除こうとする治療法は珍しく、話すことができなくなる可能性もあったが、手術は声帯や気道を痛めることなく無事に成功。ハミルトンは、「意識を取り戻して、すぐに声を出してみたけど、いつものように出た」と話していた。その後、無事バンドに復帰した。
rdfs:label
  • トム・ハミルトン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • トーマス・ウィリアム・ハミルトン
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • トム・ハミルトン
is dbpedia-owl:bandMember of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of