Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サー・トマス・ベイカー(1771年‐1845年1月26日)はイギリス海軍の士官である。アメリカ独立戦争、フランス革命戦争、そしてナポレオン戦争に従軍し、バス勲章とウィレム軍事勲章を授与された。フランス革命戦争では自ら指揮を執り、その経験がナポレオン戦争での3つの海戦、コペンハーゲンの海戦、トラファルガーの海戦、そしてオルテガル岬の海戦の要因となる役割を果たした。直接参戦したのはオルテガル岬の海戦だけだったが、この海戦での戦いぶりと、戦闘前にフランスのフリゲート、ディドンを拿捕したこととで、多大な名誉と報酬を得ることになった。イギリスの港にディドンを曳航して行く間、ベイカーの艦と他のイギリス艦とが、ピエール=シャルル・ヴィルヌーヴ率いる仏西連合艦隊に発見されたが、ヴィルヌーヴはこの2隻を海峡艦隊の偵察艦と見誤り、そのためベイカーは南に向きを変えてカディスに向かった。その結果、ナポレオン1世はイギリス侵攻計画を断念し、また、ホレーショ・ネルソンによるトラファルガーの海戦での、フランスを完敗させるきっかけとなったのである。ナポレオン戦争終結後、ベイカーの階級は飛躍的に上昇し、チャールズ・ダーウィンのビーグル号での探検の期間中、南アメリカ艦隊の司令官を務めた。1845年、ベイカーは軍功を重ねた長い経歴の末、海軍中将に昇進し、同年その生涯を閉じた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2870742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14844 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57066549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • 1771 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Baker, Thomas
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
  • Walmer, Kent
prop-ja:shortDescription
  • Royal Navy officer during the American War of Independence, French Revolutionary Wars and Napoleonic Wars, later an Admiral
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1829 (xsd:integer)
prop-ja:各国語表記
  • Sir Thomas Baker
prop-ja:所属組織
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:最終階級
prop-ja:死没地
  • ケント州ウォルマー
prop-ja:氏名
  • サー・トマス・ベイカー
prop-ja:没年月日
  • --01-26
prop-ja:生年月日
  • 1771 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Rear-Admiral Thomas Baker , by British school of the 19th century.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • トマス・ベイカー
prop-ja:軍歴
  • 1781 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サー・トマス・ベイカー(1771年‐1845年1月26日)はイギリス海軍の士官である。アメリカ独立戦争、フランス革命戦争、そしてナポレオン戦争に従軍し、バス勲章とウィレム軍事勲章を授与された。フランス革命戦争では自ら指揮を執り、その経験がナポレオン戦争での3つの海戦、コペンハーゲンの海戦、トラファルガーの海戦、そしてオルテガル岬の海戦の要因となる役割を果たした。直接参戦したのはオルテガル岬の海戦だけだったが、この海戦での戦いぶりと、戦闘前にフランスのフリゲート、ディドンを拿捕したこととで、多大な名誉と報酬を得ることになった。イギリスの港にディドンを曳航して行く間、ベイカーの艦と他のイギリス艦とが、ピエール=シャルル・ヴィルヌーヴ率いる仏西連合艦隊に発見されたが、ヴィルヌーヴはこの2隻を海峡艦隊の偵察艦と見誤り、そのためベイカーは南に向きを変えてカディスに向かった。その結果、ナポレオン1世はイギリス侵攻計画を断念し、また、ホレーショ・ネルソンによるトラファルガーの海戦での、フランスを完敗させるきっかけとなったのである。ナポレオン戦争終結後、ベイカーの階級は飛躍的に上昇し、チャールズ・ダーウィンのビーグル号での探検の期間中、南アメリカ艦隊の司令官を務めた。1845年、ベイカーは軍功を重ねた長い経歴の末、海軍中将に昇進し、同年その生涯を閉じた。
rdfs:label
  • トマス・ベイカー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of