Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初代リーズ公トマス・オズボーン(Thomas Osborne, 1st Duke of Leeds, KG, PC, 1631年2月20日 - 1712年7月26日)は、17世紀イングランドの政治家。イングランド王チャールズ2世の側近として活動、ウィリアム3世・メアリー2世夫妻の治世で公爵に叙爵された。ウィリアム・テンプルの妻ドロシー・オズボーンは従姉妹に当たる。1665年、ヨークで国会議員に選出されたのをきっかけに政界へ進出、1668年に海軍主計長官、1673年に審査法で辞任したクリフォード男爵に代わって大蔵卿に就任、同年にラティマー子爵に叙爵された(しかし、すぐに次男のペレグリンに代えられた)。翌1674年にダンビー伯爵に叙爵、チャールズ2世の側近集団であったcabal(クリフォード男爵、アーリントン伯、バッキンガム公、シャフツベリ伯、ローダーデイル公)が分裂したため代わってチャールズ2世の側近となり、外交と議会運営に尽力した。外交では親フランスだった方針を反フランスに転換、チャールズ2世の甥でオランダ総督ウィレム3世(後のウィリアム3世)とチャールズ2世の姪で弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)の娘メアリー(後のメアリー2世)の結婚を取り纏め、議会の反発を和らげた。一方、議会内部で宮廷党と呼ばれるグループを結成、与党勢力を作り上げて政局を安定させていた。しかし、1678年のカトリック陰謀事件の煽りでチャールズ2世の命令で行ったフランス王ルイ14世との密約が野党のホイッグ党に暴露され、翌1679年に失脚した。同年にロンドン塔に投獄されたが、1684年にホイッグ党の衰退により釈放された。チャールズ2世が亡くなりジェームズ2世の治世になると専制に反対してオランダ総督ウィレム3世と連絡を取り合うようになり、1688年に6人の貴族(シュルーズベリー伯チャールズ・タルボット、デヴォンシャー伯ウィリアム・キャヴェンディッシュ、ラムリー男爵リチャード・ラムリー、ロンドン主教ヘンリー・コンプトン、エドワード・ラッセル、ヘンリー・シドニー)と共にウィレム3世・メアリー夫妻を招聘、名誉革命のきっかけを作り北部のヨークシャーを押さえた。この功績で翌1689年にカーマーゼン侯爵に叙爵、同年枢密院議長に任命され政権運営を担い、1694年にリーズ公爵に叙爵された。しかし、同年にウィリアム3世がホイッグ党を登用してジャントー政権を樹立するようになると影響力を失い、翌1695年に収賄の罪を議会に弾劾され、1699年に議長を辞任、1712年に死去。長男のエドワードに先立たれたので、リーズ公爵は次男のペレグリンが継いだ。トマスが結成した宮廷党は政党として発展、後のトーリー党へと変化した。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2181628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57858179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1661 (xsd:integer)
  • 1668 (xsd:integer)
  • 1673 (xsd:integer)
  • 1674 (xsd:integer)
  • 1689 (xsd:integer)
  • 1690 (xsd:integer)
  • 1691 (xsd:integer)
  • 1692 (xsd:integer)
  • 1694 (xsd:integer)
  • 1711 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 初代リーズ公トマス・オズボーン(Thomas Osborne, 1st Duke of Leeds, KG, PC, 1631年2月20日 - 1712年7月26日)は、17世紀イングランドの政治家。イングランド王チャールズ2世の側近として活動、ウィリアム3世・メアリー2世夫妻の治世で公爵に叙爵された。ウィリアム・テンプルの妻ドロシー・オズボーンは従姉妹に当たる。1665年、ヨークで国会議員に選出されたのをきっかけに政界へ進出、1668年に海軍主計長官、1673年に審査法で辞任したクリフォード男爵に代わって大蔵卿に就任、同年にラティマー子爵に叙爵された(しかし、すぐに次男のペレグリンに代えられた)。翌1674年にダンビー伯爵に叙爵、チャールズ2世の側近集団であったcabal(クリフォード男爵、アーリントン伯、バッキンガム公、シャフツベリ伯、ローダーデイル公)が分裂したため代わってチャールズ2世の側近となり、外交と議会運営に尽力した。外交では親フランスだった方針を反フランスに転換、チャールズ2世の甥でオランダ総督ウィレム3世(後のウィリアム3世)とチャールズ2世の姪で弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)の娘メアリー(後のメアリー2世)の結婚を取り纏め、議会の反発を和らげた。一方、議会内部で宮廷党と呼ばれるグループを結成、与党勢力を作り上げて政局を安定させていた。しかし、1678年のカトリック陰謀事件の煽りでチャールズ2世の命令で行ったフランス王ルイ14世との密約が野党のホイッグ党に暴露され、翌1679年に失脚した。同年にロンドン塔に投獄されたが、1684年にホイッグ党の衰退により釈放された。チャールズ2世が亡くなりジェームズ2世の治世になると専制に反対してオランダ総督ウィレム3世と連絡を取り合うようになり、1688年に6人の貴族(シュルーズベリー伯チャールズ・タルボット、デヴォンシャー伯ウィリアム・キャヴェンディッシュ、ラムリー男爵リチャード・ラムリー、ロンドン主教ヘンリー・コンプトン、エドワード・ラッセル、ヘンリー・シドニー)と共にウィレム3世・メアリー夫妻を招聘、名誉革命のきっかけを作り北部のヨークシャーを押さえた。この功績で翌1689年にカーマーゼン侯爵に叙爵、同年枢密院議長に任命され政権運営を担い、1694年にリーズ公爵に叙爵された。しかし、同年にウィリアム3世がホイッグ党を登用してジャントー政権を樹立するようになると影響力を失い、翌1695年に収賄の罪を議会に弾劾され、1699年に議長を辞任、1712年に死去。長男のエドワードに先立たれたので、リーズ公爵は次男のペレグリンが継いだ。トマスが結成した宮廷党は政党として発展、後のトーリー党へと変化した。
rdfs:label
  • トマス・オズボーン (初代リーズ公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:alongside of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of