Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『トマスによる福音書』(トマスによるふくいんしょ)は、1945年にエジプトで見つかった『ナグ・ハマディ写本』群に含まれていた文書で、114の文からなるイエスの語録集である。本文中に使徒トマスによって書き記されたとあるので、この名がある。なお、現行の新約聖書には含まれないという点では、外典である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 24949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54009701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • この一文、「誰の主張か」出典が不足。さらに「大きく影響というのは、どういう意味での大きな影響か?」 の説明も不足。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『トマスによる福音書』(トマスによるふくいんしょ)は、1945年にエジプトで見つかった『ナグ・ハマディ写本』群に含まれていた文書で、114の文からなるイエスの語録集である。本文中に使徒トマスによって書き記されたとあるので、この名がある。なお、現行の新約聖書には含まれないという点では、外典である。
rdfs:label
  • トマスによる福音書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of