Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トニー・ルイ・アレクサンドル・オーバン(Tony Louis Alexandre Aubin, 1907年12月8日 パリ - 1981年9月21日 同地)はフランスの作曲家・音楽教師。1925年から1930年までパリ音楽院にてサミュエル・ルソーに和声法を、ノエル・ギャロンに対位法を、フィリップ・ゴーベールに管弦楽法と作曲を、ポール・デュカに作曲を師事。1930年にカンタータ《アクテオン Actéon 》によりローマ大賞を受賞。その後は放送局に勤務した。1944年より1977年までパリ音楽院にて作曲法の教授を務めた。バレエ音楽や歌劇、劇付随音楽や映画音楽など、舞台音楽の作曲家ではあるが、2曲の交響曲や幾多の管弦楽曲も遺しており、ほかにチェロ協奏曲や室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲、歌曲もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1144731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46763794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トニー・ルイ・アレクサンドル・オーバン(Tony Louis Alexandre Aubin, 1907年12月8日 パリ - 1981年9月21日 同地)はフランスの作曲家・音楽教師。1925年から1930年までパリ音楽院にてサミュエル・ルソーに和声法を、ノエル・ギャロンに対位法を、フィリップ・ゴーベールに管弦楽法と作曲を、ポール・デュカに作曲を師事。1930年にカンタータ《アクテオン Actéon 》によりローマ大賞を受賞。その後は放送局に勤務した。1944年より1977年までパリ音楽院にて作曲法の教授を務めた。バレエ音楽や歌劇、劇付随音楽や映画音楽など、舞台音楽の作曲家ではあるが、2曲の交響曲や幾多の管弦楽曲も遺しており、ほかにチェロ協奏曲や室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲、歌曲もある。
rdfs:label
  • トニー・オーバン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of