Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:aSide
  • トップ・オブ・ザ・ワールド
dbpedia-owl:abstract
  • トップ・オブ・ザ・ワールド(Top of the World)は1972年に発表されたカーペンターズの曲である。1973年にBillboard Hot 100において1位になり、デュオにとって2曲目のビルボード誌におけるナンバーワンシングルとなった。元々、カーペンターズ版はアルバム内の1曲として考えられていたが、リン・アンダーソン(Lynn Anderson)がこの曲をカバーし、アメリカのカントリーシングルチャートにおいて1973年の中頃2位を達成した。アンダーソン版の成功を受けてカーペンターズはアレンジし直した新しい版を作り直してシングルとして発売してみると、アメリカのポップチャートで1位になった。後年、リチャード・カーペンターは曲のボーカルをGoldコンピレーション用にリミックスした。なお、アルバムバージョンとの相違点としてはシングルバージョンではイントロ及び間奏のギターにフェイクが付け加えられ、エンディングのピアノはやや、あっさりと収めるなど数カ所変化がみられる。キャッシュ・ボックス誌においては「トップ・オブ・ザ・ワールド」は1973年12月1日付けで1位を獲得した。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:bSide
  • ヘザー
dbpedia-owl:format
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:title
  • トップ・オブ・ザ・ワールド
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 712303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59016610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:aSide
  • トップ・オブ・ザ・ワールド
prop-ja:after
  • チャーリー・リッチ「朝やけの少女」
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • ヘザー
prop-ja:before
prop-ja:chartPosition
  • * #2((カントリーチャート)) * #1((キャッシュボックス・カントリーチャート)) * #74((アメリカ・Billboard Hot 100))
  • * #1((アメリカ・Billboard Hot 100)) * #2((アダルトコンテンポラリー))
prop-ja:format
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:fromAlbum
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastSingle
prop-ja:length
  • 179.0
  • 175.0
prop-ja:name
  • トップ・オブ・ザ・ワールド
prop-ja:nextSingle
prop-ja:producer
  • ジャック・ドーティ
prop-ja:recorded
  • 1972 (xsd:integer)
prop-ja:released
  • 1973 (xsd:integer)
  • --09-17
prop-ja:thisSingle
  • (1973年)
  • トップ・オブ・ザ・ワールド
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
prop-ja:years
  • --12-01
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トップ・オブ・ザ・ワールド(Top of the World)は1972年に発表されたカーペンターズの曲である。1973年にBillboard Hot 100において1位になり、デュオにとって2曲目のビルボード誌におけるナンバーワンシングルとなった。元々、カーペンターズ版はアルバム内の1曲として考えられていたが、リン・アンダーソン(Lynn Anderson)がこの曲をカバーし、アメリカのカントリーシングルチャートにおいて1973年の中頃2位を達成した。アンダーソン版の成功を受けてカーペンターズはアレンジし直した新しい版を作り直してシングルとして発売してみると、アメリカのポップチャートで1位になった。後年、リチャード・カーペンターは曲のボーカルをGoldコンピレーション用にリミックスした。なお、アルバムバージョンとの相違点としてはシングルバージョンではイントロ及び間奏のギターにフェイクが付け加えられ、エンディングのピアノはやや、あっさりと収めるなど数カ所変化がみられる。キャッシュ・ボックス誌においては「トップ・オブ・ザ・ワールド」は1973年12月1日付けで1位を獲得した。
rdfs:label
  • トップ・オブ・ザ・ワールド (カーペンターズの曲)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:nextSingle of
is foaf:primaryTopic of