Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トシュチニェツ文化(トシュチニェツぶんか、英語:Trzciniec culture)は中央ヨーロッパ東部から東ヨーロッパ西部、オドラ川西岸一帯からドニエプル川中流域にかけての広い地域に存続した先史時代文化。中心地はポーランド。紀元前1700年から紀元前1200年にかけての青銅器時代の文化。銅器時代の球状アンフォラ文化とほぼ同じ地域で、西北端部はエルベ川でなく、より東のオドラ川となっている。東部地方ではのちのチェルノレス文化に直接つながっているため、トシュチニェツ文化はスラヴ語派の社会の発展段階において非常に重要な意味があると考えられる。一般的に、トシュチニェツ文化はその南東のコマロフ文化とともにトシュチニェツ・コマロフ文化複合として扱われ、この文化複合はプロト・スラヴ人(スラヴ語派形成の中核となった古代言語の話し手の総称)のものと考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2547947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59043632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トシュチニェツ文化(トシュチニェツぶんか、英語:Trzciniec culture)は中央ヨーロッパ東部から東ヨーロッパ西部、オドラ川西岸一帯からドニエプル川中流域にかけての広い地域に存続した先史時代文化。中心地はポーランド。紀元前1700年から紀元前1200年にかけての青銅器時代の文化。銅器時代の球状アンフォラ文化とほぼ同じ地域で、西北端部はエルベ川でなく、より東のオドラ川となっている。東部地方ではのちのチェルノレス文化に直接つながっているため、トシュチニェツ文化はスラヴ語派の社会の発展段階において非常に重要な意味があると考えられる。一般的に、トシュチニェツ文化はその南東のコマロフ文化とともにトシュチニェツ・コマロフ文化複合として扱われ、この文化複合はプロト・スラヴ人(スラヴ語派形成の中核となった古代言語の話し手の総称)のものと考えられている。
rdfs:label
  • トシュチニェツ文化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of