Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トゥンバオ(スペイン語: tumbao)とは、サルサなどのアフロ・キューバン由来の音楽に頻出するリズムパターン、またはそれから派生したバリエーションを総称して指す用語である。トゥンバオは、コンガ、ベース、ピアノで演奏される基本的なリズムパターンである。アフロ・キューバン由来の音楽には、クラベスによるクラーベ、ボンゴやコンセロ(カウベル)によるマルティージョ、ティンバレスによるカスカラ(ベル・パターンとも)など、それぞれの打楽器によって独特のリズムパターンがある。その中でもトゥンバオは、コンガ、ベース、ピアノ(の左手)というリズムの土台を構成するパートのパターンであり、クラーベと共に重要なパターンとして考えられている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2525224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55081420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トゥンバオ(スペイン語: tumbao)とは、サルサなどのアフロ・キューバン由来の音楽に頻出するリズムパターン、またはそれから派生したバリエーションを総称して指す用語である。トゥンバオは、コンガ、ベース、ピアノで演奏される基本的なリズムパターンである。アフロ・キューバン由来の音楽には、クラベスによるクラーベ、ボンゴやコンセロ(カウベル)によるマルティージョ、ティンバレスによるカスカラ(ベル・パターンとも)など、それぞれの打楽器によって独特のリズムパターンがある。その中でもトゥンバオは、コンガ、ベース、ピアノ(の左手)というリズムの土台を構成するパートのパターンであり、クラーベと共に重要なパターンとして考えられている。
rdfs:label
  • トゥンバオ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of