Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トゥイスコン・ツィラー(Tuiskon Ziller, 1817年12月22日 - 1882年4月20日)は、ドイツの文献学者で、教育学者。ヘルバルト派として知られている。ツィラーは、ライプツィヒ大学で文献学を学び、当初数年ギムナジウムの教師として教鞭をとった後、再度大学に戻り、法学を学んで1853年に大学教授資格を取得。そのままライプツィヒ大学で法学の私講師となった。しかし、1854年に教育学の講義を始め、その後は専ら教育学に専念することになる。1861年、彼は学生時代の友人の援助を得て、補修学校の校舎を利用できることになり、教育学ゼミナールを新設。ツィラーはヘルバルト派の代表的な理論家の1人であり、1868年以降、科学的教育学協会(Vereins für Wissenschaftliche Pädagogik)の創立者にして、代表を務めた。彼はライプツィヒで亡くなった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 749264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47167803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トゥイスコン・ツィラー(Tuiskon Ziller, 1817年12月22日 - 1882年4月20日)は、ドイツの文献学者で、教育学者。ヘルバルト派として知られている。ツィラーは、ライプツィヒ大学で文献学を学び、当初数年ギムナジウムの教師として教鞭をとった後、再度大学に戻り、法学を学んで1853年に大学教授資格を取得。そのままライプツィヒ大学で法学の私講師となった。しかし、1854年に教育学の講義を始め、その後は専ら教育学に専念することになる。1861年、彼は学生時代の友人の援助を得て、補修学校の校舎を利用できることになり、教育学ゼミナールを新設。ツィラーはヘルバルト派の代表的な理論家の1人であり、1868年以降、科学的教育学協会(Vereins für Wissenschaftliche Pädagogik)の創立者にして、代表を務めた。彼はライプツィヒで亡くなった。
rdfs:label
  • トゥイスコン・ツィラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of