Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トイトブルクの森(ドイツ語: Teutoburger Wald、地元では「トイト」と呼ばれる)は、ドイツのニーダーザクセン州のニーダーゼクシシェス・ベルクラントとノルトライン=ヴェストファーレン州にまたがる、最高地点が海抜 446.4 m の中低山地である。北西はヘルステル近郊のテックレンブルガー・ラントからオスナブリュック、ビーレフェルトの近傍を通り、南東はホルン=バート・マインベルクに至る。17世紀までは南東に続くエッゲ山地と併せて「オスニング」と総称されていた。トイトブルクの森は、西暦9年にローマ人とゲルマン人との間で起こったヴァールスの戦い(トイトブルクの森の戦いとも呼ばれる)で知られている。観光地としては、ヘルマン記念碑、自然文化財のエクテルンシュタイネやデーレンター・クリッペンがある。最も高い山はバルナッケンである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3094670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53660349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トイトブルクの森(ドイツ語: Teutoburger Wald、地元では「トイト」と呼ばれる)は、ドイツのニーダーザクセン州のニーダーゼクシシェス・ベルクラントとノルトライン=ヴェストファーレン州にまたがる、最高地点が海抜 446.4 m の中低山地である。北西はヘルステル近郊のテックレンブルガー・ラントからオスナブリュック、ビーレフェルトの近傍を通り、南東はホルン=バート・マインベルクに至る。17世紀までは南東に続くエッゲ山地と併せて「オスニング」と総称されていた。トイトブルクの森は、西暦9年にローマ人とゲルマン人との間で起こったヴァールスの戦い(トイトブルクの森の戦いとも呼ばれる)で知られている。観光地としては、ヘルマン記念碑、自然文化財のエクテルンシュタイネやデーレンター・クリッペンがある。最も高い山はバルナッケンである。
rdfs:label
  • トイトブルクの森
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of