Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス(David Herbert Richards Lawrence、1885年9月11日 - 1930年3月2日)は、イギリス、ノッティンガムシャー出身の小説家・詩人。1908年にノッティンガム大学を卒業した後、小学校の教員となり、1911年に小説を出している。1912年から1914年にかけてドイツに渡り、1914年イギリスに帰国後結婚した。『息子と恋人』(1913年)、『虹』(1915年)、『チャタレー夫人の恋人』(1928年)など人間の性と恋愛に関する小説を発表したが、発禁処分を受けたものもある。ローレンスの作品は性を大胆に描写し、また、近代文明が人間生活にもたらす悪影響を主題としているものが多い。易しくぶっきらぼうな言葉で書かれているのが特徴である。日本では第一次世界大戦後の1920年代頃に注目されはじめ、ローレンスが死んだ1930年代には阿部知二、伊藤整、西脇順三郎らによって広く紹介されるようになった。なお第二次世界大戦後に、伊藤整が訳したローレンス『チャタレイ夫人の恋人』はわいせつだとして罪を問われたチャタレー事件が起きた。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1930-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1907-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1930-03-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 655693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58710618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthPlace
  • ノッティンガムシャー、
prop-ja:caption
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1930-03-02 (xsd:date)
prop-ja:genre
  • モダニズム
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
  • オルダス・ハクスリー, アンソニー・バージェス, A・S・バイアット, コルム・トビーン, テネシー・ウィリアムズ, ディラン・トマス, オクタビオ・パス, チャールズ・ブコウスキー
prop-ja:influences
prop-ja:name
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス
prop-ja:notableWorks
  • 小説: 白孔雀
  • 戯曲: ホルロイド夫人
  • 短編: 菊の香り
prop-ja:occupation
  • 小説家
prop-ja:period
  • 1907 (xsd:integer)
prop-ja:subject
  • 性愛、社会、旅行小説、文学批評
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス(David Herbert Richards Lawrence、1885年9月11日 - 1930年3月2日)は、イギリス、ノッティンガムシャー出身の小説家・詩人。1908年にノッティンガム大学を卒業した後、小学校の教員となり、1911年に小説を出している。1912年から1914年にかけてドイツに渡り、1914年イギリスに帰国後結婚した。『息子と恋人』(1913年)、『虹』(1915年)、『チャタレー夫人の恋人』(1928年)など人間の性と恋愛に関する小説を発表したが、発禁処分を受けたものもある。ローレンスの作品は性を大胆に描写し、また、近代文明が人間生活にもたらす悪影響を主題としているものが多い。易しくぶっきらぼうな言葉で書かれているのが特徴である。日本では第一次世界大戦後の1920年代頃に注目されはじめ、ローレンスが死んだ1930年代には阿部知二、伊藤整、西脇順三郎らによって広く紹介されるようになった。なお第二次世界大戦後に、伊藤整が訳したローレンス『チャタレイ夫人の恋人』はわいせつだとして罪を問われたチャタレー事件が起きた。
rdfs:label
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of