Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デ・ハビランド コメット (de Havilland DH.106 Comet) は、イギリスのデ・ハビランド社が製造した世界初のジェット旅客機。「コメット」の名称は自社のデ・ハビランド DH.88に続いて二代目である。定期運航就航後、程なくして、与圧された胴体のくりかえし変形による金属疲労が原因の空中分解事故を起こしたが、そこで得られた教訓がその後の航空技術、とりわけ安全向上に果たした役割もまた非常に大きい。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 第1世代ジェット旅客機
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 166378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59200893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • 英国海外航空のDH.106 コメットIV
prop-ja:分類
  • 第1世代ジェット旅客機
prop-ja:初飛行年月日
  • --07-27
prop-ja:名称
  • デ・ハビランド DH.106 コメット
prop-ja:生産数
  • 112 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Comet 4.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:退役年月日
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 全機退役
prop-ja:運用者More
  • ** 英国海外航空 ** メヒカーナ航空 ** アルゼンチン航空 ** エールフランス航空 ** オリンピック航空 ** ミドル・イースト航空 ** ほか
prop-ja:運用開始年月日
  • 1952 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デ・ハビランド コメット (de Havilland DH.106 Comet) は、イギリスのデ・ハビランド社が製造した世界初のジェット旅客機。「コメット」の名称は自社のデ・ハビランド DH.88に続いて二代目である。定期運航就航後、程なくして、与圧された胴体のくりかえし変形による金属疲労が原因の空中分解事故を起こしたが、そこで得られた教訓がその後の航空技術、とりわけ安全向上に果たした役割もまた非常に大きい。
rdfs:label
  • デ・ハビランド DH.106 コメット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • デ・ハビランド DH.106 コメット
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftType of
is foaf:primaryTopic of