Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デヴィッド・ウォード(David Ward, 1922年7月3日 - 1983年7月16日)は、イギリスのバス歌手。ダンバートンの出身。第二次世界大戦でイギリス海軍に所属した後、ロンドンの王立音楽大学でクライヴ・キャリーに声楽を学ぶ。1953年にロンドン・サドラーズ劇場でラトランド・ボートンの《不滅の時間》の老詩人役でデビューを飾り、同劇場に1959年まで出演した、1958年にはグラインドボーン音楽祭に出演し、その翌年から亡くなるまでコヴェントガーデン王立歌劇場の常連として出演し続けた。1960年から1962年までバイロイト音楽祭に出演し、その際にはハンス・ホッターを訪ねてリヒャルト・ヴァーグナーの作品の役作りについて助言を得ている。1963年にはメトロポリタン歌劇場に出演し、ミラノ・スカラ座にも進出するなど、イギリス内外を問わず国際的な活動を行い、1972年にはCBEを贈られている。ニュージーランドのダニーデンにて没。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3090557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59177396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デヴィッド・ウォード(David Ward, 1922年7月3日 - 1983年7月16日)は、イギリスのバス歌手。ダンバートンの出身。第二次世界大戦でイギリス海軍に所属した後、ロンドンの王立音楽大学でクライヴ・キャリーに声楽を学ぶ。1953年にロンドン・サドラーズ劇場でラトランド・ボートンの《不滅の時間》の老詩人役でデビューを飾り、同劇場に1959年まで出演した、1958年にはグラインドボーン音楽祭に出演し、その翌年から亡くなるまでコヴェントガーデン王立歌劇場の常連として出演し続けた。1960年から1962年までバイロイト音楽祭に出演し、その際にはハンス・ホッターを訪ねてリヒャルト・ヴァーグナーの作品の役作りについて助言を得ている。1963年にはメトロポリタン歌劇場に出演し、ミラノ・スカラ座にも進出するなど、イギリス内外を問わず国際的な活動を行い、1972年にはCBEを贈られている。ニュージーランドのダニーデンにて没。
rdfs:label
  • デヴィッド・ウォード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of