Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デンマーク黄金時代(Danish Golden Age)とは、特に19世紀前半のデンマークにおいて創作活動が盛んだった時期を指す。当時のコペンハーゲンは戦火(1807年のコペンハーゲンの戦い)や財政破綻に苦しんでいたものの、芸術の分野では隣国たるドイツロマン主義に触発され新たな時代を迎えることとなる。1800年から1850年頃にかけて、ベルテル・トルバルセンの彫刻の他、クリストファー・ウィルヘルム・エッカースベルグやその門下生のウィルヘルム・ベンズ、コンスタンティン・ハンセン及びウィルヘルム・マルストランらの絵画が一世を風靡。新古典主義建築も発展を遂げ、とりわけコペンハーゲンの街はクリスチャン・フレゼリク・ハンセンやミカエル・ゴットリープ・ビンデスベル設計の建築物で様変わりした。音楽に関しては、ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマン、ハンス・クリスチャン・ロンビ、ニルス・ゲーゼ及びバレエマスターのオーギュスト・ブルノンヴィルを含め、ナショナル・ロマンティシズムの洗礼を受けた数多くの人物を輩出した。ロマン主義を中心とする文学は、1802年にノルウェー系ドイツ人哲学者ヘンリク・ステフェンスが紹介。アダム・エーレンシュレーガー(エーレンシュレーヤーとも)やベルンハルト・セヴェリン・インゲマン、ニコライ・フレゼリク・セヴェリン・グルントヴィが中心を担ったが、何と言っても現代童話の父ハンス・クリスチャン・アンデルセンを忘れてはならないであろう。また、ハンス・クリスチャン・エルステッドが科学の方法論を打ち立てた一方で、セーレン・キェルケゴールは哲学の深化に貢献した。従って、黄金時代はデンマークに留まらず、やがては国際的にも大きな影響を与えることとなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2351422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 379 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58646939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デンマーク黄金時代(Danish Golden Age)とは、特に19世紀前半のデンマークにおいて創作活動が盛んだった時期を指す。当時のコペンハーゲンは戦火(1807年のコペンハーゲンの戦い)や財政破綻に苦しんでいたものの、芸術の分野では隣国たるドイツロマン主義に触発され新たな時代を迎えることとなる。1800年から1850年頃にかけて、ベルテル・トルバルセンの彫刻の他、クリストファー・ウィルヘルム・エッカースベルグやその門下生のウィルヘルム・ベンズ、コンスタンティン・ハンセン及びウィルヘルム・マルストランらの絵画が一世を風靡。新古典主義建築も発展を遂げ、とりわけコペンハーゲンの街はクリスチャン・フレゼリク・ハンセンやミカエル・ゴットリープ・ビンデスベル設計の建築物で様変わりした。音楽に関しては、ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマン、ハンス・クリスチャン・ロンビ、ニルス・ゲーゼ及びバレエマスターのオーギュスト・ブルノンヴィルを含め、ナショナル・ロマンティシズムの洗礼を受けた数多くの人物を輩出した。ロマン主義を中心とする文学は、1802年にノルウェー系ドイツ人哲学者ヘンリク・ステフェンスが紹介。アダム・エーレンシュレーガー(エーレンシュレーヤーとも)やベルンハルト・セヴェリン・インゲマン、ニコライ・フレゼリク・セヴェリン・グルントヴィが中心を担ったが、何と言っても現代童話の父ハンス・クリスチャン・アンデルセンを忘れてはならないであろう。また、ハンス・クリスチャン・エルステッドが科学の方法論を打ち立てた一方で、セーレン・キェルケゴールは哲学の深化に貢献した。従って、黄金時代はデンマークに留まらず、やがては国際的にも大きな影響を与えることとなった。
rdfs:label
  • デンマーク黄金時代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:schoolTradition of
is foaf:primaryTopic of