デンプン(澱粉、ラテン語: amylum、英語: starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 デンプンは植物が光合成によって体内(実や根など)に貯蔵した炭水化物で、工業上はそれを精製した製品をいう。デンプンの特性は起源となった植物の種類によりかなり異なる。代表的なデンプンにカタクリ(市場に流通する多くの製品では馬鈴薯)を原料とする片栗粉やトウモロコシを原料とするコーンスターチなどがある。

Property Value
dbo:abstract
  • デンプン(澱粉、ラテン語: amylum、英語: starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 デンプンは植物が光合成によって体内(実や根など)に貯蔵した炭水化物で、工業上はそれを精製した製品をいう。デンプンの特性は起源となった植物の種類によりかなり異なる。代表的なデンプンにカタクリ(市場に流通する多くの製品では馬鈴薯)を原料とする片栗粉やトウモロコシを原料とするコーンスターチなどがある。 (ja)
  • デンプン(澱粉、ラテン語: amylum、英語: starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 デンプンは植物が光合成によって体内(実や根など)に貯蔵した炭水化物で、工業上はそれを精製した製品をいう。デンプンの特性は起源となった植物の種類によりかなり異なる。代表的なデンプンにカタクリ(市場に流通する多くの製品では馬鈴薯)を原料とする片栗粉やトウモロコシを原料とするコーンスターチなどがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 24193 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 13250 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81297798 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Cornstarch_mixed_with_water.jpg (ja)
  • Cornstarch_mixed_with_water.jpg (ja)
prop-ja:imagename
  • Cornstarch being mixed with water (ja)
  • Cornstarch being mixed with water (ja)
prop-ja:verifiedfields
  • changed (ja)
  • changed (ja)
prop-ja:verifiedrevid
  • 455316358 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed (ja)
  • changed (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デンプン(澱粉、ラテン語: amylum、英語: starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 デンプンは植物が光合成によって体内(実や根など)に貯蔵した炭水化物で、工業上はそれを精製した製品をいう。デンプンの特性は起源となった植物の種類によりかなり異なる。代表的なデンプンにカタクリ(市場に流通する多くの製品では馬鈴薯)を原料とする片栗粉やトウモロコシを原料とするコーンスターチなどがある。 (ja)
  • デンプン(澱粉、ラテン語: amylum、英語: starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 デンプンは植物が光合成によって体内(実や根など)に貯蔵した炭水化物で、工業上はそれを精製した製品をいう。デンプンの特性は起源となった植物の種類によりかなり異なる。代表的なデンプンにカタクリ(市場に流通する多くの製品では馬鈴薯)を原料とする片栗粉やトウモロコシを原料とするコーンスターチなどがある。 (ja)
rdfs:label
  • デンプン (ja)
  • デンプン (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主原料 of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of