Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デルヴェニ・パピルス(Derveni papyrus)とは、1962年に発見された古代ギリシアの古文書である。その本文自体は、オルペウス詩(神々の誕生に関する神統譜)を寓意的に注釈した哲学論文であり、紀元前5世紀後半にアナクサゴラスなど自然学者の影響が見られる。「ルネッサンス以降に新しく発見された、ギリシャ哲学と宗教に関する典拠の、最も重要な部分」とされている(Janko,2005)。ヨーロッパ最古の残存する文書であり、このパピルス自体の埋葬期はマケドニア王国のピリッポス2世の治世である約紀元前340年にさかのぼる。最終的には2006年に刊行された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1302806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56025037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デルヴェニ・パピルス(Derveni papyrus)とは、1962年に発見された古代ギリシアの古文書である。その本文自体は、オルペウス詩(神々の誕生に関する神統譜)を寓意的に注釈した哲学論文であり、紀元前5世紀後半にアナクサゴラスなど自然学者の影響が見られる。「ルネッサンス以降に新しく発見された、ギリシャ哲学と宗教に関する典拠の、最も重要な部分」とされている(Janko,2005)。ヨーロッパ最古の残存する文書であり、このパピルス自体の埋葬期はマケドニア王国のピリッポス2世の治世である約紀元前340年にさかのぼる。最終的には2006年に刊行された。
rdfs:label
  • デルヴェニ・パピルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of