Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デルフィニジン(Delphinidin)は、アントシアニジンの一種であり、植物の主要な色素であり、また抗酸化物質である。デルフィニジンは、スミレ属やデルフィニウム属の花弁の青色の原因となり、またカベルネ・ソーヴィニヨンの原料となるブドウの赤紫色の原因ともなっている。クランベリーやコンコード (ブドウ)、ザクロにも含まれる。他のほぼ全てのアントシアニジンと同様に、デルフィニジンにはpH依存性があり、塩基性の溶液では青色、酸性の溶液では赤色に色が変わる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-(3,4,5-trihydroxyphenyl)chromenylium-3,5,7-triol
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1563264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53779376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Delphinidin.svg
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 414413412 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デルフィニジン(Delphinidin)は、アントシアニジンの一種であり、植物の主要な色素であり、また抗酸化物質である。デルフィニジンは、スミレ属やデルフィニウム属の花弁の青色の原因となり、またカベルネ・ソーヴィニヨンの原料となるブドウの赤紫色の原因ともなっている。クランベリーやコンコード (ブドウ)、ザクロにも含まれる。他のほぼ全てのアントシアニジンと同様に、デルフィニジンにはpH依存性があり、塩基性の溶液では青色、酸性の溶液では赤色に色が変わる。
rdfs:label
  • デルフィニジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of