Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鉄道において線路を配置する形態の一つ。本項で細説。放射線の一種。荷電粒子が高速で物質中を通過する際に、原子、分子などからたたき出される電子のうち、それ自身が大きなエネルギーをもち放射線として観測されるようなものをデルタ線 (放射線)(δ-ray)と呼ぶ。デルタ線(デルタせん)は、三角線(さんかくせん)とも言い、三角形に敷設された線路のことである。列車の進行方向を変えずに各方向に直通できる。英語ではwye(ワイ)という。また転車台(ターンテーブル)の代わりに、各頂点の分岐点(分岐駅)で折り返して機関車、電車などの車両や列車の編成の向きを変えるためにも用いられる。ギリシャ文字のデルタ(Δ)に形が似ていることから名付けられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 76173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58894060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
prop-ja:国際化
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:未検証
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:正確性
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:特筆性
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鉄道において線路を配置する形態の一つ。本項で細説。放射線の一種。荷電粒子が高速で物質中を通過する際に、原子、分子などからたたき出される電子のうち、それ自身が大きなエネルギーをもち放射線として観測されるようなものをデルタ線 (放射線)(δ-ray)と呼ぶ。デルタ線(デルタせん)は、三角線(さんかくせん)とも言い、三角形に敷設された線路のことである。列車の進行方向を変えずに各方向に直通できる。英語ではwye(ワイ)という。また転車台(ターンテーブル)の代わりに、各頂点の分岐点(分岐駅)で折り返して機関車、電車などの車両や列車の編成の向きを変えるためにも用いられる。ギリシャ文字のデルタ(Δ)に形が似ていることから名付けられた。
rdfs:label
  • デルタ線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of