Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デュラン(Durand & Cie)は、フランスの楽譜出版社。1869年12月30日に、オルガニストで作曲家のオーギュスト・デュラン(Auguste Durand)とその友人ルイ・シェーネヴェルク(Louis Schönewerk)によって Durand-Schoenewerk & Cie として設立された。いったんは解散したが、1891年にオーギュストとその息子ジャックにより Durand & fils として再出発、オーギュストの死後は Durand & Cie に名前を変えた。普仏戦争でのナショナリズム高揚とビュシーヌとサン=サーンスによる国民音楽協会の設立を背景に、サン=サーンス、フォーレ、ダンディ、ドビュッシー、デュカス、ロパルツ、ルーセル、シュミット、ラヴェル、ミヨー、プーランク、デュリュフレ、ジョリヴェ、メシアンといった作曲家の多くの作品を出版し、フランス近代・現代音楽の発展を支えた。サラベール社、マックス・エシグ社と合併し、現在はユニバーサル音楽出版グループ(Universal Music Publishing Group)傘下にある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2135485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58789401 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デュラン(Durand & Cie)は、フランスの楽譜出版社。1869年12月30日に、オルガニストで作曲家のオーギュスト・デュラン(Auguste Durand)とその友人ルイ・シェーネヴェルク(Louis Schönewerk)によって Durand-Schoenewerk & Cie として設立された。いったんは解散したが、1891年にオーギュストとその息子ジャックにより Durand & fils として再出発、オーギュストの死後は Durand & Cie に名前を変えた。普仏戦争でのナショナリズム高揚とビュシーヌとサン=サーンスによる国民音楽協会の設立を背景に、サン=サーンス、フォーレ、ダンディ、ドビュッシー、デュカス、ロパルツ、ルーセル、シュミット、ラヴェル、ミヨー、プーランク、デュリュフレ、ジョリヴェ、メシアンといった作曲家の多くの作品を出版し、フランス近代・現代音楽の発展を支えた。サラベール社、マックス・エシグ社と合併し、現在はユニバーサル音楽出版グループ(Universal Music Publishing Group)傘下にある。
rdfs:label
  • デュラン (出版社)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of