Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デマンドバスは、デマンド対応型交通方式のバスを指す。日本ではしばしばオンデマンドバスと呼称し、利用者の要求に対応して運行する形態のバスである。形態は多様であるが、大きくは以下の三種類が見られる。迂回型バス:路線バスの運行形態の一種であり、広義ではオンデマンドバスと称する場合もある。条件に応じて基本路線の外の迂回路線を経由する。これはバスの運行を管理する者に対し、利用者が通信手段(電話、ファックス、専用端末、インターネットなど)により利用者要求の手続きを行うと、バスに情報が伝えられ希望する停留所まで迂回する。利用者要求が無い場合には迂回路線を経由せずに運行する。エリア型バス:路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じて、希望乗車点へ迎えに行く形の経路で運行する形態のバスである。通常は複数の利用者を乗せるので、乗合型の利用形態となり、どの利用者にも著しい不便を与えることのない経路を選定して運行する。この運行形態を、フルデマンド方式と称する場合がある。制約つきエリア型バス:路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じるが、ルートや時刻に制約があり、例えば1時間に1便、上り下りの方向性が決まっているなど、希望乗車点へ迎えに行く際に一定の前提条件がつく経路で運行する形態のバスである。利用者の需要が集約され、より多くの利用者が乗り合いやすくなる特性がある。 この運行形態を、セミデマンド方式と称する場合がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58640635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デマンドバスは、デマンド対応型交通方式のバスを指す。日本ではしばしばオンデマンドバスと呼称し、利用者の要求に対応して運行する形態のバスである。形態は多様であるが、大きくは以下の三種類が見られる。迂回型バス:路線バスの運行形態の一種であり、広義ではオンデマンドバスと称する場合もある。条件に応じて基本路線の外の迂回路線を経由する。これはバスの運行を管理する者に対し、利用者が通信手段(電話、ファックス、専用端末、インターネットなど)により利用者要求の手続きを行うと、バスに情報が伝えられ希望する停留所まで迂回する。利用者要求が無い場合には迂回路線を経由せずに運行する。エリア型バス:路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じて、希望乗車点へ迎えに行く形の経路で運行する形態のバスである。通常は複数の利用者を乗せるので、乗合型の利用形態となり、どの利用者にも著しい不便を与えることのない経路を選定して運行する。この運行形態を、フルデマンド方式と称する場合がある。制約つきエリア型バス:路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じるが、ルートや時刻に制約があり、例えば1時間に1便、上り下りの方向性が決まっているなど、希望乗車点へ迎えに行く際に一定の前提条件がつく経路で運行する形態のバスである。利用者の需要が集約され、より多くの利用者が乗り合いやすくなる特性がある。 この運行形態を、セミデマンド方式と称する場合がある。
rdfs:label
  • デマンドバス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of