Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初代ドワイフォーのロイド=ジョージ伯爵、デビッド・ロイド・ジョージ(英語: David Lloyd George, 1st Earl Lloyd George of Dwyfor, OM, PC、1863年1月17日 - 1945年3月26日)は、イギリスの政治家、貴族。1890年に自由党議員として政界入り。1905年以降の自由党政権下で急進派閣僚として社会改良政策に尽くす。彼の主導によりイギリスに老齢年金制度や健康保険制度、失業保険制度が導入された。第一次世界大戦中の1916年12月に総辞職したアスキス首相に代わって首相に就任。強力な戦争指導体制と総力戦体制を構築してイギリスを勝利に導いた。パリ講和会議に出席するなど戦後処理も指導し、戦間期のヴェルサイユ体制の構築に大きな役割を果たした。1921年にはアイルランドの大英帝国自治領としての独立を認めた(アイルランド自由国)。1922年に大連立を組んでいた保守党の離反で総辞職に追い込まれた。首相退任後は自由党の没落もあって権力から遠ざかっていったが、政治活動は衰えず、ケインズ主義経済政策を確立して公共事業の拡大を訴えた。また晩年には反独派から親独派に転じた。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1945-03-26 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 126415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 92852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59000280 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1905 (xsd:integer)
  • 1908 (xsd:integer)
  • 1915 (xsd:integer)
  • 1916 (xsd:integer)
  • 1920 (xsd:integer)
  • 1926 (xsd:integer)
  • 1929 (xsd:integer)
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • David Lloyd George Signature.svg
prop-ja:人名
  • デビッド・ロイド・ジョージ
  • 初代ロイド=ジョージ伯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • ・イングランド・マンチェスター
prop-ja:出身校
  • ラナスティムドゥイの小学校
prop-ja:前職
prop-ja:各国語表記
  • David Lloyd George, 1st Earl Lloyd-George
prop-ja:国旗
  • UK
  • GBR
prop-ja:就任日
  • --02-12
  • --04-10
  • --04-12
  • --05-26
  • --07-07
  • --10-14
  • --12-06
  • --12-10
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • ・ウェールズ・
prop-ja:没年月日
  • 1945-03-26 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --01-17
prop-ja:画像
  • David Lloyd George.jpg
prop-ja:画像説明
  • 1919 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
  • メリット勲章(OM)
  • 枢密顧問官(PC)
  • 初代ドワイフォーのロイド=ジョージ伯爵
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • 1915 (xsd:integer)
  • --01-01
  • --01-12
  • --03-26
  • --04-06
  • --07-09
  • --10-19
  • --12-05
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 初代ドワイフォーのロイド=ジョージ伯爵、デビッド・ロイド・ジョージ(英語: David Lloyd George, 1st Earl Lloyd George of Dwyfor, OM, PC、1863年1月17日 - 1945年3月26日)は、イギリスの政治家、貴族。1890年に自由党議員として政界入り。1905年以降の自由党政権下で急進派閣僚として社会改良政策に尽くす。彼の主導によりイギリスに老齢年金制度や健康保険制度、失業保険制度が導入された。第一次世界大戦中の1916年12月に総辞職したアスキス首相に代わって首相に就任。強力な戦争指導体制と総力戦体制を構築してイギリスを勝利に導いた。パリ講和会議に出席するなど戦後処理も指導し、戦間期のヴェルサイユ体制の構築に大きな役割を果たした。1921年にはアイルランドの大英帝国自治領としての独立を認めた(アイルランド自由国)。1922年に大連立を組んでいた保守党の離反で総辞職に追い込まれた。首相退任後は自由党の没落もあって権力から遠ざかっていったが、政治活動は衰えず、ケインズ主義経済政策を確立して公共事業の拡大を訴えた。また晩年には反独派から親独派に転じた。
rdfs:label
  • デビッド・ロイド・ジョージ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • デビッド・ロイド・ジョージ
  • 初代ロイド=ジョージ伯爵
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:内閣 of
is foaf:primaryTopic of