Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デビッド・ウッドリー (David Eugene Woodley 1958年10月25日-2003年5月4日)はルイジアナ州シュリーブポート出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック。高校時代は地元シュレブポートの高校で1年から先発QBを務め、オールステイトに選ばれた。ルイジアナ州立大学に進学し1979年のタンジェリンボウルでウェイクフォレスト大学を34-10で破りこの試合のMVPに選ばれた。後に大学の殿堂入りを果たした。マイアミ・ドルフィンズで彼はボブ・グリーシー、ダン・マリーノというプロフットボール殿堂入りを果たした2人のQBの間の時代にプレーした。ドラフト8巡目指名であったものの1980年のルーキーシーズン、彼はチームMVPに選ばれた。1981年シーズンのプレーオフ、サンディエゴ・チャージャーズとのプレーオフでは0-24とリードを許し、ドン・ストロックと交代させられた。1982年にはNFLで数少ないパス、ラン、レシーブのいずれでもTDを1シーズンにあげた選手となった。この年彼は、ストロックとプレータイムを分け合い2人は"ウッドストロック"と呼ばれた。ストライキで短縮されたこのシーズン、チームはAFCを制して第17回スーパーボウルでワシントン・レッドスキンズと対戦した。当時彼はスーパーボウルで先発出場したもっとも若いQBとなった。ゲーム開始早々ジミー・セファロに76ヤードのTDパスを決めたが後半には8本のパスを1本も決められずにチームは17-27で敗れた。1983年、彼は先発QBとなったがオフェンスが低調だったため第5週のニューオーリンズ・セインツ戦でドン・シュラヘッドコーチによってダン・マリーノに交代させられた。翌週以降はマリーノに先発の座を奪われた。シーズン終了後、彼はひじの故障でそのシーズンで引退したテリー・ブラッドショーがいたピッツバーグ・スティーラーズにトレードされクリフ・スタウト、マーク・マローンと先発の座を争った。1984年、1985年と彼はマローンと併用された。チーム最高年俸となったものの1986年シーズン前に彼は突如引退した。その後1987年にグリーンベイ・パッカーズのトレーニングキャンプに参加したがロースターに残ることはできなかった。彼はケン・ステイブラーと共にタッチダウンよりもインターセプトが10回以上多いにも関わらず通算勝率が6割を超えている2人のQBの1人である。現役引退後、彼の酒量は増加して健康上の問題を起こすようになった。1992年に彼は生体肝移植を受けた。2003年5月4日、腎臓と肝臓の合併症で亡くなった。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1990749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49255988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:dbf
  • WOODLDAV01
prop-ja:nfl
  • WOO320562
prop-ja:pfr
  • WoodDa00
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:○番目
  • 214 (xsd:integer)
prop-ja:ドラフト巡
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:プロ入り年度
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:ポジション
  • クォーターバック
prop-ja:出身地
  • ルイジアナ州シュリーブポート
prop-ja:初出場チーム
  • マイアミ・ドルフィンズ
prop-ja:初出場年
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:大学
prop-ja:年度
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:引退選手背番号
  • 1619 (xsd:integer)
prop-ja:成績値
  • 48 (xsd:integer)
  • 65.700000 (xsd:double)
  • 8558 (xsd:integer)
prop-ja:成績名
prop-ja:欧文表記
  • David Woodley
prop-ja:没年月日
  • 2003-05-04 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --10-25
prop-ja:過去の所属チーム
  • * マイアミ・ドルフィンズ(1980年-1983年) * ピッツバーグ・スティーラーズ(1984年-1986年)
prop-ja:選手名
  • デビッド・ウッドリー
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デビッド・ウッドリー (David Eugene Woodley 1958年10月25日-2003年5月4日)はルイジアナ州シュリーブポート出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック。高校時代は地元シュレブポートの高校で1年から先発QBを務め、オールステイトに選ばれた。ルイジアナ州立大学に進学し1979年のタンジェリンボウルでウェイクフォレスト大学を34-10で破りこの試合のMVPに選ばれた。後に大学の殿堂入りを果たした。マイアミ・ドルフィンズで彼はボブ・グリーシー、ダン・マリーノというプロフットボール殿堂入りを果たした2人のQBの間の時代にプレーした。ドラフト8巡目指名であったものの1980年のルーキーシーズン、彼はチームMVPに選ばれた。1981年シーズンのプレーオフ、サンディエゴ・チャージャーズとのプレーオフでは0-24とリードを許し、ドン・ストロックと交代させられた。1982年にはNFLで数少ないパス、ラン、レシーブのいずれでもTDを1シーズンにあげた選手となった。この年彼は、ストロックとプレータイムを分け合い2人は"ウッドストロック"と呼ばれた。ストライキで短縮されたこのシーズン、チームはAFCを制して第17回スーパーボウルでワシントン・レッドスキンズと対戦した。当時彼はスーパーボウルで先発出場したもっとも若いQBとなった。ゲーム開始早々ジミー・セファロに76ヤードのTDパスを決めたが後半には8本のパスを1本も決められずにチームは17-27で敗れた。1983年、彼は先発QBとなったがオフェンスが低調だったため第5週のニューオーリンズ・セインツ戦でドン・シュラヘッドコーチによってダン・マリーノに交代させられた。翌週以降はマリーノに先発の座を奪われた。シーズン終了後、彼はひじの故障でそのシーズンで引退したテリー・ブラッドショーがいたピッツバーグ・スティーラーズにトレードされクリフ・スタウト、マーク・マローンと先発の座を争った。1984年、1985年と彼はマローンと併用された。チーム最高年俸となったものの1986年シーズン前に彼は突如引退した。その後1987年にグリーンベイ・パッカーズのトレーニングキャンプに参加したがロースターに残ることはできなかった。彼はケン・ステイブラーと共にタッチダウンよりもインターセプトが10回以上多いにも関わらず通算勝率が6割を超えている2人のQBの1人である。現役引退後、彼の酒量は増加して健康上の問題を起こすようになった。1992年に彼は生体肝移植を受けた。2003年5月4日、腎臓と肝臓の合併症で亡くなった。
rdfs:label
  • デビッド・ウッドリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of