Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デビッドジュニア(またはデヴィッドジュニア、David Junior)とはイギリスの競走馬である。2005年から2006年にかけ中距離戦線で活躍し、チャンピオンステークス (G1) 、ドバイデューティーフリー (G1) 、エクリプスステークス (G1) などに勝った。父はタップダンスシチーやプレミアムタップなどを輩出しているプレザントタップ。芝のレースでの強さは本物で、2005年のWTRR芝・中距離部門第1位となった。しかし唯一のダート戦出走となったブリーダーズカップ・クラシック(G1・ダート10ハロン)では最初からついていけず、1400メートルほど走ったものの、直線半ばギブアップという形で競走を中止した(記録上は最下位の13着)。G1馬が故障や落馬してもいないのに競走を中止するのはかなりめずらしいことである。すでにブリーダーズカップ・クラシックの前に日本中央競馬会 (JRA) によって購入されており、これを最後に引退、2007年春から日本で種牡馬生活を送っている。なおJRAは日本語馬名をデビッドジュニアで登録したが、すでに日本国内ではデヴィッドジュニアの表記が広まっていたため混乱を生じた。それまでの慣例からはデヴィッドジュニアの方が予想されたこともあり、命名には批判もある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 967033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57257403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
  • Flower Bowl
prop-ja:ffm
  • Sun Colony
prop-ja:ffmf
  • Sunrise Flight
prop-ja:ffmm
  • Colonia
prop-ja:fm
  • 1979 (xsd:integer)
  • Never Knock
prop-ja:fmf
  • Stage Door Johnny
prop-ja:fmff
  • Prince John
prop-ja:fmfm
  • Peroxide Blonde
prop-ja:fmm
  • Never Hula
prop-ja:fmmf
  • Never Bend
prop-ja:fmmm
  • Hula Hula
prop-ja:inf
  • リボー系/Never Bend4×4=12.50%、Prince John4×5=9.38%
prop-ja:jbis
  • 897270 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1994 (xsd:integer)
  • Paradise River
prop-ja:mf
  • 1976 (xsd:integer)
  • Irish River
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
  • Never Bend
prop-ja:mffm
  • River Lady
prop-ja:mfm
  • Irish Star
prop-ja:mfmf
  • Klairon
prop-ja:mfmm
  • Botany Bay
prop-ja:mm
  • 1983 (xsd:integer)
  • North of Eden
prop-ja:mmf
  • Northfields
prop-ja:mmff
prop-ja:mmfm
  • Little Hut
prop-ja:mmm
  • Tree of Knowledge
prop-ja:mmmf
prop-ja:mmmm
  • Sensibility F-No.3-h
prop-ja:name
  • デビッドジュニア
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:racingpost
  • 603642 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • Roldvale Limited
prop-ja:
  • デビッドジュニア
prop-ja:
prop-ja:
  • (現役種牡馬)
prop-ja:
  • Paradise River
prop-ja:
prop-ja:
  • --04-18
prop-ja:
  • A.I.Appleton
prop-ja:
prop-ja:
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
  • Brian J.Meehan(イギリス)
prop-ja:
  • 2359960 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デビッドジュニア(またはデヴィッドジュニア、David Junior)とはイギリスの競走馬である。2005年から2006年にかけ中距離戦線で活躍し、チャンピオンステークス (G1) 、ドバイデューティーフリー (G1) 、エクリプスステークス (G1) などに勝った。父はタップダンスシチーやプレミアムタップなどを輩出しているプレザントタップ。芝のレースでの強さは本物で、2005年のWTRR芝・中距離部門第1位となった。しかし唯一のダート戦出走となったブリーダーズカップ・クラシック(G1・ダート10ハロン)では最初からついていけず、1400メートルほど走ったものの、直線半ばギブアップという形で競走を中止した(記録上は最下位の13着)。G1馬が故障や落馬してもいないのに競走を中止するのはかなりめずらしいことである。すでにブリーダーズカップ・クラシックの前に日本中央競馬会 (JRA) によって購入されており、これを最後に引退、2007年春から日本で種牡馬生活を送っている。なおJRAは日本語馬名をデビッドジュニアで登録したが、すでに日本国内ではデヴィッドジュニアの表記が広まっていたため混乱を生じた。それまでの慣例からはデヴィッドジュニアの方が予想されたこともあり、命名には批判もある。
rdfs:label
  • デビッドジュニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of