Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デイヴィド・ケロッグ・ルイス(David Kellogg Lewis, 1941年9月28日 - 2001年10月14日)は、アメリカの哲学者で、20世紀後半の分析哲学における牽引者のうちの一人とされている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校、のちプリンストン大学で教鞭をとった。様相実在論によってよく知られているが、とりわけ、因果的に独立した無数の現実世界が存在しており、我々の世界はそのうちの一つである、という可能世界の理論が最も有名で、なおかつ最も論議を巻き起こした。それ以外にも言語哲学、心の哲学、形而上学、認識論、哲学的論理学などの分野においても多大な貢献を果たし、哲学界に深い影響を及ぼした。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:birthYear
  • 0028-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:era
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 854704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58870467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --09-28
prop-ja:birthPlace
  • オハイオ州オバーリン
prop-ja:date
  • 20031003162629 (xsd:double)
prop-ja:deathPlace
  • ニュージャージー州プリンストン
prop-ja:era
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • デイヴィド・ケロッグ・ルイス
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:title
  • Service of Remembrance Friday, February 8, 2002 - Princeton University Chapel
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • デイヴィド・ケロッグ・ルイス(David Kellogg Lewis, 1941年9月28日 - 2001年10月14日)は、アメリカの哲学者で、20世紀後半の分析哲学における牽引者のうちの一人とされている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校、のちプリンストン大学で教鞭をとった。様相実在論によってよく知られているが、とりわけ、因果的に独立した無数の現実世界が存在しており、我々の世界はそのうちの一つである、という可能世界の理論が最も有名で、なおかつ最も論議を巻き起こした。それ以外にも言語哲学、心の哲学、形而上学、認識論、哲学的論理学などの分野においても多大な貢献を果たし、哲学界に深い影響を及ぼした。
rdfs:label
  • デイヴィド・ルイス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • デイヴィド・ケロッグ・ルイス
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:students of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of