Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • デイダメイア (ギリシア語: Δηϊδάμεια、英語: Deidamia / Deidameia) または ラオダミア (ギリシア語: Λαοδάμεια、英語: Laodamia) (? - 紀元前233年頃または紀元前231年) は 古代ギリシアの王女、エピロス王ピュロス2世の娘、エピロス最後の女王。彼女の父と叔父プトレマイオスの死後、彼女はAeacid王朝の王室最後の生き残りのひとりだった。彼女にはNereisという姉妹がいて、シラクサの王ヒエロン2世の息子Geloと結婚していた。エピロスの反乱の間、彼女の姉妹はガリアから800もの傭兵を送った。モロシア人の一部は彼女を助け、そして傭兵の助けを借りて、彼女は容易にアンブラキア (en:Ambracia) を取った。しかしエペロスの人々は、王室全体を廃止して彼らの自由を確保することを決定し、彼女を殺すことにした。彼女は、アルテミス神殿に避難のために逃げたが、すでに母親殺しの罪を負っている男ミロにより聖域内で殺害され、その後まもなくミロも自殺した。この事件の日付は定かではない、おそらくマケドニア王デメトリオス2世の治世 (紀元前239年 - 紀元前229年) の早い時期に発生した。彼女の死をもってエピロスの君主制は終わった。もう一人のデーイダメイアは、スキューロス島の王リュコメーデースの娘で、アキレウスの子ネオプトレモスの母である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3239434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57992127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • デイダメイア (ギリシア語: Δηϊδάμεια、英語: Deidamia / Deidameia) または ラオダミア (ギリシア語: Λαοδάμεια、英語: Laodamia) (? - 紀元前233年頃または紀元前231年) は 古代ギリシアの王女、エピロス王ピュロス2世の娘、エピロス最後の女王。彼女の父と叔父プトレマイオスの死後、彼女はAeacid王朝の王室最後の生き残りのひとりだった。彼女にはNereisという姉妹がいて、シラクサの王ヒエロン2世の息子Geloと結婚していた。エピロスの反乱の間、彼女の姉妹はガリアから800もの傭兵を送った。モロシア人の一部は彼女を助け、そして傭兵の助けを借りて、彼女は容易にアンブラキア (en:Ambracia) を取った。しかしエペロスの人々は、王室全体を廃止して彼らの自由を確保することを決定し、彼女を殺すことにした。彼女は、アルテミス神殿に避難のために逃げたが、すでに母親殺しの罪を負っている男ミロにより聖域内で殺害され、その後まもなくミロも自殺した。この事件の日付は定かではない、おそらくマケドニア王デメトリオス2世の治世 (紀元前239年 - 紀元前229年) の早い時期に発生した。彼女の死をもってエピロスの君主制は終わった。もう一人のデーイダメイアは、スキューロス島の王リュコメーデースの娘で、アキレウスの子ネオプトレモスの母である。
rdfs:label
  • デイダメイア2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of