Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディープ・パケット・インスペクション(Deep Packet Inspection、DPI)はコンピュータネットワークのパケットフィルタリングの一種で、インスペクションポイントをパケットが通過する際にパケットのデータ部(と場合によってはヘッダ部)を検査することをいう。プロトコルに準拠しているかとか、コンピュータウイルスではないか、スパムではないか、侵入ではないか、あるいは何らかの基準に照らしてそのパケットを通過させるかを判断したり、それとも別の宛先に転送するかを判断したり、統計情報を収集したりといった目的で行われる。IPパケットには複数のヘッダ部があるが、IPネットワーク機器は通常、先頭のヘッダ(IPヘッダ)しか必要としない。しかし、第2のヘッダ(IPの上位層であるTCPやUDPのヘッダ)を調べることもあり、これをステートフル・パケット・インスペクションと呼び、ディープではない浅いパケット・インスペクションの一種とされる。DPI用にパケットを取得する方法はいくつかある。ポートミラーリングを使うのが一般的だが、光スプリッタを使う方法もある。DPI(とそれによるフィルタリング)は、高度なネットワーク管理、ユーザーサービス、情報セキュリティを可能にし、他にもインターネットデータマイニング、傍受、ネット検閲なども可能にする。DPIはインターネットの管理に長年使われてきたが、ネットワーク中立性の信奉者はこの技術が不当に使われインターネットのオープン性を損なうようになるのではないかと懸念している。DPIは一般企業、サービスプロバイダ、政府などが様々な用途で使っている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2779047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59085833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ディープ・パケット・インスペクション(Deep Packet Inspection、DPI)はコンピュータネットワークのパケットフィルタリングの一種で、インスペクションポイントをパケットが通過する際にパケットのデータ部(と場合によってはヘッダ部)を検査することをいう。プロトコルに準拠しているかとか、コンピュータウイルスではないか、スパムではないか、侵入ではないか、あるいは何らかの基準に照らしてそのパケットを通過させるかを判断したり、それとも別の宛先に転送するかを判断したり、統計情報を収集したりといった目的で行われる。IPパケットには複数のヘッダ部があるが、IPネットワーク機器は通常、先頭のヘッダ(IPヘッダ)しか必要としない。しかし、第2のヘッダ(IPの上位層であるTCPやUDPのヘッダ)を調べることもあり、これをステートフル・パケット・インスペクションと呼び、ディープではない浅いパケット・インスペクションの一種とされる。DPI用にパケットを取得する方法はいくつかある。ポートミラーリングを使うのが一般的だが、光スプリッタを使う方法もある。DPI(とそれによるフィルタリング)は、高度なネットワーク管理、ユーザーサービス、情報セキュリティを可能にし、他にもインターネットデータマイニング、傍受、ネット検閲なども可能にする。DPIはインターネットの管理に長年使われてきたが、ネットワーク中立性の信奉者はこの技術が不当に使われインターネットのオープン性を損なうようになるのではないかと懸念している。DPIは一般企業、サービスプロバイダ、政府などが様々な用途で使っている。
rdfs:label
  • ディープ・パケット・インスペクション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of