Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディープ・ソウル(Deep Soul)とは英国で生まれた言葉で、米国黒人のソウル・ミュージックの中でもブルースやゴスペルの影響を受けたスロー・バラードや、ミディアムテンポの曲を意味する言葉として用いられる。南部ソウルの場合、カントリーからの影響も指摘されている。日本では、以前から黒人音楽の熱心なファンの間で、ディープ・ソウルという言葉が使われてきたが、英国の解釈とは若干異なるニュアンスで用いられてきた。日本では、南部生まれ北部育ちのシンガーをも含めた広い意味で、ゴスペルやブルース的な雰囲気を醸し出すソウルを指して用いられてきた。また、英国ではノーザン・ソウルと言う言葉が多く用いられている。北部系ソウルのみならず南部産のソウルも指して使われることが多く、日本のディープ・ソウルとほぼ同義語として理解されている。(参考:ディープ・ソウルの項目は、ウィキペディア英語版のサザン・ソウルの項目とリンクしている。)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1291896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57581550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ディープ・ソウル(Deep Soul)とは英国で生まれた言葉で、米国黒人のソウル・ミュージックの中でもブルースやゴスペルの影響を受けたスロー・バラードや、ミディアムテンポの曲を意味する言葉として用いられる。南部ソウルの場合、カントリーからの影響も指摘されている。日本では、以前から黒人音楽の熱心なファンの間で、ディープ・ソウルという言葉が使われてきたが、英国の解釈とは若干異なるニュアンスで用いられてきた。日本では、南部生まれ北部育ちのシンガーをも含めた広い意味で、ゴスペルやブルース的な雰囲気を醸し出すソウルを指して用いられてきた。また、英国ではノーザン・ソウルと言う言葉が多く用いられている。北部系ソウルのみならず南部産のソウルも指して使われることが多く、日本のディープ・ソウルとほぼ同義語として理解されている。(参考:ディープ・ソウルの項目は、ウィキペディア英語版のサザン・ソウルの項目とリンクしている。)
rdfs:label
  • ディープ・ソウル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is foaf:primaryTopic of