Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディープ・インパクト (Deep Impact) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のディスカバリー計画の一環として行われていた彗星探査計画、または探査機の名前である。ディープ・インパクトは、2005年1月12日の打ち上げ以降、173日をかけて約4億3100万kmを旅したのち、テンペル第1彗星に向けて、重さ約370キログラムの衝突体(インパクター)を発射した。衝突体は、米東部夏時間の7月4日午前1時52分に彗星に衝突した。衝突時のスピードは時速約3万7000kmだった。2007年以降は、名称をエポキシに変えて運用が続けられ、2010年11月4日にはハートレー第2彗星に接近して観測を行った。その後も延長ミッションが続けられていたが、通信が途絶えて復旧できなくなったため、2013年9月20日に運用が終了したことが発表された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 199898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58932956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:noradNo
  • 28517 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:公式ページ
prop-ja:名称
  • ディープ・インパクト
prop-ja:国際標識番号
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:所属
prop-ja:打上げ場所
prop-ja:打上げ日時
  • 13 (xsd:integer)
  • --01-12
prop-ja:打上げ機
prop-ja:最接近日
  • --07-04
prop-ja:状態
  • 運用終了
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像の注釈
  • テンペル第1彗星に弾丸を発射するディープ・インパクトの想像図
prop-ja:目的
prop-ja:観測対象
  • テンペル第1彗星
prop-ja:質量
  • 370 (xsd:integer)
  • 650 (xsd:integer)
prop-ja:通信途絶日
  • --08-08
prop-ja:運用終了日
  • --09-20
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ディープ・インパクト (Deep Impact) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のディスカバリー計画の一環として行われていた彗星探査計画、または探査機の名前である。ディープ・インパクトは、2005年1月12日の打ち上げ以降、173日をかけて約4億3100万kmを旅したのち、テンペル第1彗星に向けて、重さ約370キログラムの衝突体(インパクター)を発射した。衝突体は、米東部夏時間の7月4日午前1時52分に彗星に衝突した。衝突時のスピードは時速約3万7000kmだった。2007年以降は、名称をエポキシに変えて運用が続けられ、2010年11月4日にはハートレー第2彗星に接近して観測を行った。その後も延長ミッションが続けられていたが、通信が途絶えて復旧できなくなったため、2013年9月20日に運用が終了したことが発表された。
rdfs:label
  • ディープ・インパクト (探査機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of