Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Person/height
  • 173.0
dbpedia-owl:Person/weight
  • 73.0
dbpedia-owl:abstract
  • ディートマー・キューバウアー(Dietmar Kühbauer、1971年4月4日 - )は、オーストリア出身の同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。長年に渡りスペインとドイツで活躍したMF。負けん気の強さと不屈の闘志で有名な熱血漢。SVマッテルスブルクの育成部門出身。16歳でオーストリア・ブンデスリーガでのデビューを果たし、FCアドミラ・ヴァッカー・メードリングとSKラピード・ウィーンで活躍。リーグ優勝1回、オーストリア・カップ優勝1回、UEFAカップウィナーズカップ準優勝1回などを果たす。1997年にスペイン・プリメーラ・ディビシオンのレアル・ソシエダで移籍。ベルンド・クラウス監督の下、チームの中心選手としてソシエダのワイドサッカーを支えた。中盤では厳しいチェック、そして当たり負けしないフィジカルからボールを奪回、得意のロングフィードでスピード溢れるサッカーを展開。不屈の闘志でチームに貢献するキューバウアーは「ラ・レアル」のサポーターからも愛される存在であった。2000年にはドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに移籍。優れたリーダーシップを発揮し、チームの主将に任命される。そして2002年に古巣のSVマッテルスブルクに復帰。当時エルステリーガ(オーストリア2部)に属していたが、初年度で優勝とオーストリア・ブンデスリーガへの昇格を決める。SVマッテルスブルクのスター選手として長年活躍。2008年夏に現役引退を発表する。日刊紙「クローネンツァイトゥング」が投票するオーストリア年間最優秀選手賞を最多となる6回受賞。たぎるような情熱とカッとなりやすい熱い性格を持ち、試合中にも幾度となく審判や相手選手、場合によってはアウェー戦でも相手チームのサポーターにまで食いついた。相手チームのサポーターに彼ほど憎まれる選手はいなかったが、味方チームにとってみれば彼以上の頼もしい存在はなかった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1971-04-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:commonName
  • ディートマー・キューバウアー
dbpedia-owl:goalsInNationalTeam
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:height
  • 1.730000 (xsd:double)
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:weight
  • 73000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1472364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2280 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58471719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルファベット表記
  • Dietmar Kühbauer
prop-ja:カタカナ表記
  • ディートマー・キューバウアー
prop-ja:ポジション
prop-ja:代表出場(得点)_
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 73.0
prop-ja:出身地
  • ブルゲンラント州
prop-ja:名前
  • ディートマー・キューバウアー
prop-ja:生年月日
  • 1971-04-04 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • SV Mattersburg vs. FC Admira Wacker Mödling 20130526 .jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:身長
  • 173.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ディートマー・キューバウアー(Dietmar Kühbauer、1971年4月4日 - )は、オーストリア出身の同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。長年に渡りスペインとドイツで活躍したMF。負けん気の強さと不屈の闘志で有名な熱血漢。SVマッテルスブルクの育成部門出身。16歳でオーストリア・ブンデスリーガでのデビューを果たし、FCアドミラ・ヴァッカー・メードリングとSKラピード・ウィーンで活躍。リーグ優勝1回、オーストリア・カップ優勝1回、UEFAカップウィナーズカップ準優勝1回などを果たす。1997年にスペイン・プリメーラ・ディビシオンのレアル・ソシエダで移籍。ベルンド・クラウス監督の下、チームの中心選手としてソシエダのワイドサッカーを支えた。中盤では厳しいチェック、そして当たり負けしないフィジカルからボールを奪回、得意のロングフィードでスピード溢れるサッカーを展開。不屈の闘志でチームに貢献するキューバウアーは「ラ・レアル」のサポーターからも愛される存在であった。2000年にはドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに移籍。優れたリーダーシップを発揮し、チームの主将に任命される。そして2002年に古巣のSVマッテルスブルクに復帰。当時エルステリーガ(オーストリア2部)に属していたが、初年度で優勝とオーストリア・ブンデスリーガへの昇格を決める。SVマッテルスブルクのスター選手として長年活躍。2008年夏に現役引退を発表する。日刊紙「クローネンツァイトゥング」が投票するオーストリア年間最優秀選手賞を最多となる6回受賞。たぎるような情熱とカッとなりやすい熱い性格を持ち、試合中にも幾度となく審判や相手選手、場合によってはアウェー戦でも相手チームのサポーターにまで食いついた。相手チームのサポーターに彼ほど憎まれる選手はいなかったが、味方チームにとってみれば彼以上の頼もしい存在はなかった。
rdfs:label
  • ディートマー・キューバウアー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Dietmar Kühbauer
  • ディートマー・キューバウアー
is dbpedia-owl:manager of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:名前 of
is foaf:primaryTopic of