Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディーサイド (DEICIDE) は、アメリカ、フロリダ州タンパ出身のデスメタルバンドである。バンド名の意味は「神を殺す事」(ラテン語の「神(Deus)」と「殺害(Cide)」の合成語が由来)。アンチクライストや悪魔崇拝を掲げ、歌詞も冒涜的なものばかりである。その点はブラックメタルとも共通するが、音楽性は真正のデスメタルであり、主にスレイヤーなどのスラッシュメタルから影響を受けているようだ。デス、モービッド・エンジェル、オビチュアリーらのフロリダ勢、カンニバル・コープス、サフォケイション、マルヴォレント・クリエイションらニューヨーク勢と共に、1990年代初頭のアメリカデスメタルシーンの発展を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。また彼らがレコーディングに使用したフロリダ州タンパのモリサウンドとそこを拠点に活躍していた音楽プロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは世界中のデスメタルバンドの憧れになり、世界中のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。元々幼馴染であったスティーブ・アシェイム、エリック・ホフマン、ブライアン・ホフマンの3人が組んでいたカーネイジ(CARNAGE)(マイケル・アモットが在籍していたスウェーデンのバンドとは別バンド)というローカルバンドにグレン・ベントンが加入する形で1987年に結成された。結成当時はエイモン(AMON)と名乗っていたが、その後「ディーサイド」に改名した。エイモン時代に録音していたデモは、『Amon:Feasting The Beast』というアルバムにまとめられている。グレン・ベントンは前々から「イエス・キリストが亡くなった年齢と同じ33歳になったら、自分は自殺する」と公言しており、33歳になった時の動向が注目されていたが、33歳になったらあっさりと撤回した。こうしたディーサイドの態度から、彼らのアンチクライストとしてのスタンスが疑われることも多い。他にもライブ会場を爆破テロされたことなども有名である。デビュー以来オランダのロードランナー・レコードからレコードを出し続けていたが、2004年の7thアルバムからはイギリスの老舗デスメタル/グラインド・コアレーベル、イヤーエイク・レコードとのリリース契約を結んでいる。結成以来約17年間、メンバーが不変であったが、2004年にギタリストのホフマン兄弟が解雇され、元カンニバル・コープスのジャック・オーウェン、デスやアイスド・アースで活動していたラルフ・サントーラが加入する。なお、解雇されたホフマン兄弟は、2007年にDEICIDEの前身バンドであるAMONの名前でバンドを結成した。2007年にラルフが脱退し、ケビン・クイリオンが加入。しかしながら、2008年および2009年には、ケビンに代わってラルフがツアーセッションとして参加することがあった。2010年にケビンが脱退し、ラルフが再加入。2011年にラルフが再脱退し、ケビンが再加入した。2011年リリースの10thアルバムよりセンチュリー・メディア・レコードに移籍している。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1987-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1987-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:alias
  • エイモン (Amon) (1987-1989)
dbpedia-owl:background
  • band
dbpedia-owl:bandMember
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 242032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56061556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alias
  • エイモン
prop-ja:background
  • band
prop-ja:currentMembers
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Deicide band 001.jpg
prop-ja:label
prop-ja:landscape
  • yes
prop-ja:name
  • DEICIDE
  • ディーサイド
prop-ja:origin
prop-ja:pastMembers
  • エリック・ホフマン
  • ブライアン・ホフマン
  • ラルフ・サントーラ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1987 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ディーサイド (DEICIDE) は、アメリカ、フロリダ州タンパ出身のデスメタルバンドである。バンド名の意味は「神を殺す事」(ラテン語の「神(Deus)」と「殺害(Cide)」の合成語が由来)。アンチクライストや悪魔崇拝を掲げ、歌詞も冒涜的なものばかりである。その点はブラックメタルとも共通するが、音楽性は真正のデスメタルであり、主にスレイヤーなどのスラッシュメタルから影響を受けているようだ。デス、モービッド・エンジェル、オビチュアリーらのフロリダ勢、カンニバル・コープス、サフォケイション、マルヴォレント・クリエイションらニューヨーク勢と共に、1990年代初頭のアメリカデスメタルシーンの発展を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。また彼らがレコーディングに使用したフロリダ州タンパのモリサウンドとそこを拠点に活躍していた音楽プロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは世界中のデスメタルバンドの憧れになり、世界中のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。元々幼馴染であったスティーブ・アシェイム、エリック・ホフマン、ブライアン・ホフマンの3人が組んでいたカーネイジ(CARNAGE)(マイケル・アモットが在籍していたスウェーデンのバンドとは別バンド)というローカルバンドにグレン・ベントンが加入する形で1987年に結成された。結成当時はエイモン(AMON)と名乗っていたが、その後「ディーサイド」に改名した。エイモン時代に録音していたデモは、『Amon:Feasting The Beast』というアルバムにまとめられている。グレン・ベントンは前々から「イエス・キリストが亡くなった年齢と同じ33歳になったら、自分は自殺する」と公言しており、33歳になった時の動向が注目されていたが、33歳になったらあっさりと撤回した。こうしたディーサイドの態度から、彼らのアンチクライストとしてのスタンスが疑われることも多い。他にもライブ会場を爆破テロされたことなども有名である。デビュー以来オランダのロードランナー・レコードからレコードを出し続けていたが、2004年の7thアルバムからはイギリスの老舗デスメタル/グラインド・コアレーベル、イヤーエイク・レコードとのリリース契約を結んでいる。結成以来約17年間、メンバーが不変であったが、2004年にギタリストのホフマン兄弟が解雇され、元カンニバル・コープスのジャック・オーウェン、デスやアイスド・アースで活動していたラルフ・サントーラが加入する。なお、解雇されたホフマン兄弟は、2007年にDEICIDEの前身バンドであるAMONの名前でバンドを結成した。2007年にラルフが脱退し、ケビン・クイリオンが加入。しかしながら、2008年および2009年には、ケビンに代わってラルフがツアーセッションとして参加することがあった。2010年にケビンが脱退し、ラルフが再加入。2011年にラルフが再脱退し、ケビンが再加入した。2011年リリースの10thアルバムよりセンチュリー・メディア・レコードに移籍している。
rdfs:label
  • ディーサイド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • DEICIDE
  • ディーサイド
is dbpedia-owl:associatedBand of
is dbpedia-owl:associatedMusicalArtist of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:associatedActs of
is foaf:primaryTopic of