Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リチャード・ジョン・ディック・グレイソンはDCコミックが出版するコミックブックに登場する架空のスーパーヒーローである。ボブ・ケインとビル・フィンガー、イラストレイターのジェリー・ロバートソンによって制作され、ロビンとして1940年5月発行のDetective Comics38号で初登場した。軽業師の一家フライング・グレイソンの末子であるディックはマフィアのボスが彼らが所属するサーカスから金をむしり取る為に両親を殺害する場面を目撃する。秘密裏にスーパーヒーロー・バットマンとして活躍するブルース・ウェインは彼らの死後、彼をサイドキックとして引き入れ、後見人となった。ディックの青春時代を通してバットマンとロビンは不可分な関係にあった。しかし、ディックが成長し、ティーンタイタンズのリーダーとして過ごす時間が多くなるにつれて、彼はナイトウィングのアイデンティティを採用し、独立を宣言した。ロビンの役割はその後他の10代のヒーローによって補われた。ナイトウィングというペルソナはライターのマーヴ・ウルフマンとアーティストのジョージ・ペレスによってつくり出され、『Tales of the New Teen Titans』44号(1984年7月)に初登場した。ナイトウィングとしてディック・グレイソンはティーン・タイタンズを、そして後にアウトサイダーズを率いた。自分の名前と同じタイトルのシリーズが1996年に創刊され現在も続いている。彼はゴッサムの経済的に問題を抱えている近隣の都市ブルードヘイブンの守護者となった。デスストローク・ザ・ターミネーターの命令によってブルードヘイブンが壊滅した後、ナイトウィングはニューヨークに拠点を戻した。ロビンとしてディック・グレイソンはバットマンのほとんどのメディアミックス作品に登場している。1990年代のバットマンアニメシリーズでは初めてナイトウィングへの転身が描かれている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1676749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 38111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58422981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:aliases
prop-ja:alliances
prop-ja:characterName
  • ナイトウィング
prop-ja:creators
prop-ja:debut
  • As Nightwing:
  • As Robin:
  • Detective Comics38号
  • Tales of the New Teen Titans 44号
prop-ja:noimage
  • yes
prop-ja:partners
prop-ja:powers
  • * 人類限界レベルのアスリート/軽業師 * 非常に優秀な格闘家 * 戦略家/野戦司令官マスター * 探偵術マスター * ハイテク機器・兵器へのアクセス
prop-ja:publisher
prop-ja:realName
  • Richard "Dick" John Grayson
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リチャード・ジョン・ディック・グレイソンはDCコミックが出版するコミックブックに登場する架空のスーパーヒーローである。ボブ・ケインとビル・フィンガー、イラストレイターのジェリー・ロバートソンによって制作され、ロビンとして1940年5月発行のDetective Comics38号で初登場した。軽業師の一家フライング・グレイソンの末子であるディックはマフィアのボスが彼らが所属するサーカスから金をむしり取る為に両親を殺害する場面を目撃する。秘密裏にスーパーヒーロー・バットマンとして活躍するブルース・ウェインは彼らの死後、彼をサイドキックとして引き入れ、後見人となった。ディックの青春時代を通してバットマンとロビンは不可分な関係にあった。しかし、ディックが成長し、ティーンタイタンズのリーダーとして過ごす時間が多くなるにつれて、彼はナイトウィングのアイデンティティを採用し、独立を宣言した。ロビンの役割はその後他の10代のヒーローによって補われた。ナイトウィングというペルソナはライターのマーヴ・ウルフマンとアーティストのジョージ・ペレスによってつくり出され、『Tales of the New Teen Titans』44号(1984年7月)に初登場した。ナイトウィングとしてディック・グレイソンはティーン・タイタンズを、そして後にアウトサイダーズを率いた。自分の名前と同じタイトルのシリーズが1996年に創刊され現在も続いている。彼はゴッサムの経済的に問題を抱えている近隣の都市ブルードヘイブンの守護者となった。デスストローク・ザ・ターミネーターの命令によってブルードヘイブンが壊滅した後、ナイトウィングはニューヨークに拠点を戻した。ロビンとしてディック・グレイソンはバットマンのほとんどのメディアミックス作品に登場している。1990年代のバットマンアニメシリーズでは初めてナイトウィングへの転身が描かれている。
rdfs:label
  • ディック・グレイソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of