Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディアフィールド奇襲(ディアフィールドきしゅう、Raid on Deerfield)は、アン女王戦争中の1704年2月29日、ジャン=バティスト・エルテ・ド・ルーヴィユ率いるフランスとインディアンの部隊が、マサチューセッツ湾植民地ディアフィールドの、イングランド系住民の村を夜明け前に襲って、一部を焼き、56人の住民を殺害した事件である。フランスと、インディアンの諸部族から成る部隊には、約300人のポコムトゥク族もいた。彼らはかつてディアフィールドに住んでいた。奇襲部隊の隊員構成があまりにも多岐にわたっていたため、村には侵入したものの、奇襲達成とまでは行かなかった。防御を固めた家の人々は、援軍が来るまで侵入者たちを寄せ付けなかった。100人以上の人々が捕虜となり、村の4割の家が破壊された。この事件は、アメリカ開拓の物語の一部として不屈のものとなった。主に、捕虜の一人で、ジョン・ウィリアムズ牧師の証言によるところが大きい。ウィリアムズと家族とは、ヌーベルフランスまで遠い道のりを歩くことを強いられ、幼い娘のユーニスは、モホーク族の家の養子となった。ユーニスはモホークの習慣を身に付け、モホーク族の男と結婚した。ウィリアムズの証言"The Redeemed Captive"(贖われし捕虜)は1707年に出版され、ニューイングランド植民地で好評を博した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2466721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57045924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 奇襲のありさま(1900年出版)
prop-ja:casualties
  • カナダへの連行途中での死者20
  • 奇襲による死者56、捕虜112
  • 死者10から40までさまざま
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • ディアフィールド奇襲
prop-ja:date
  • --02-29
prop-ja:latitude
  • 42.550000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • -72.610000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • マサチューセッツ州
prop-ja:mapLabel
  • ディアフィールド
prop-ja:mapSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • USA Massachusetts
prop-ja:notes
  • 奇襲時に防御柵の中にいた人々291(住民と民兵20人とフランスの商人3人)
prop-ja:partof
prop-ja:place
  • マサチューセッツ湾植民地
prop-ja:result
  • フランスとインディアン同盟軍の勝利
prop-ja:strength
  • インディアン兵240
  • ディアフィールドの民兵
  • フランス兵48
  • 他の地域の民兵20
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 42.548569 -72.607105
rdf:type
rdfs:comment
  • ディアフィールド奇襲(ディアフィールドきしゅう、Raid on Deerfield)は、アン女王戦争中の1704年2月29日、ジャン=バティスト・エルテ・ド・ルーヴィユ率いるフランスとインディアンの部隊が、マサチューセッツ湾植民地ディアフィールドの、イングランド系住民の村を夜明け前に襲って、一部を焼き、56人の住民を殺害した事件である。フランスと、インディアンの諸部族から成る部隊には、約300人のポコムトゥク族もいた。彼らはかつてディアフィールドに住んでいた。奇襲部隊の隊員構成があまりにも多岐にわたっていたため、村には侵入したものの、奇襲達成とまでは行かなかった。防御を固めた家の人々は、援軍が来るまで侵入者たちを寄せ付けなかった。100人以上の人々が捕虜となり、村の4割の家が破壊された。この事件は、アメリカ開拓の物語の一部として不屈のものとなった。主に、捕虜の一人で、ジョン・ウィリアムズ牧師の証言によるところが大きい。ウィリアムズと家族とは、ヌーベルフランスまで遠い道のりを歩くことを強いられ、幼い娘のユーニスは、モホーク族の家の養子となった。ユーニスはモホークの習慣を身に付け、モホーク族の男と結婚した。ウィリアムズの証言"The Redeemed Captive"(贖われし捕虜)は1707年に出版され、ニューイングランド植民地で好評を博した。
rdfs:label
  • ディアフィールド奇襲
owl:sameAs
geo:lat
  • 42.548569 (xsd:float)
geo:long
  • -72.607101 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of