Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 滇緬線(てんめんせん、中国名:滇缅铁路)は、イギリス占領下のビルマ(現ミャンマー)と中国雲南省の昆明を結ぶ予定であった未完成鉄道である。20世紀当初は、この鉄道の開通によりヨーロッパ・中国南方間をマラッカ海峡を経由せずに往来・交易できることが期待されていた。本鉄道の構想は19世紀よりあり、日中戦争中、蒋介石への軍事支援を行うためのルート整備の一環として1938年に着工した。1942年、日本がビルマを占領したため建設は全面的に中断した。戦後、中国が中国共産党の支配下になり、ビルマも独立したため、共産党中国・イギリスともに本鉄道の建設を放棄、現在は100km以上に及ぶ遺構のみが残る未成線となっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1663880 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59110419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 滇緬線(てんめんせん、中国名:滇缅铁路)は、イギリス占領下のビルマ(現ミャンマー)と中国雲南省の昆明を結ぶ予定であった未完成鉄道である。20世紀当初は、この鉄道の開通によりヨーロッパ・中国南方間をマラッカ海峡を経由せずに往来・交易できることが期待されていた。本鉄道の構想は19世紀よりあり、日中戦争中、蒋介石への軍事支援を行うためのルート整備の一環として1938年に着工した。1942年、日本がビルマを占領したため建設は全面的に中断した。戦後、中国が中国共産党の支配下になり、ビルマも独立したため、共産党中国・イギリスともに本鉄道の建設を放棄、現在は100km以上に及ぶ遺構のみが残る未成線となっている。
rdfs:label
  • テン緬線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of