Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テレーズ・カバリュス(仏: Thérèse Cabarrus, 1773年7月31日 - 1835年1月15日)は、銀行家の娘で、その美貌を武器にフランスの総裁政府期には社交界の華であった女性である。本名は旧姓で、ジャンヌ=マリー=イニャス=テレーズ・カバリュス(仏: Jeanne- Marie-Ignace-Thérèse Cabarrus、西: Juana Maria Ignazia Thérésa Cabarrus)であるが、「テレザ・カバリュス(仏: Thérésa Cabarrus)」という彼女本人が好んで用いた通称で有名。また結婚後の姓であるフォントネ侯爵夫人またはタリアン夫人とも呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 754070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59030757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-19
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1835年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テレーズ・カバリュス(仏: Thérèse Cabarrus, 1773年7月31日 - 1835年1月15日)は、銀行家の娘で、その美貌を武器にフランスの総裁政府期には社交界の華であった女性である。本名は旧姓で、ジャンヌ=マリー=イニャス=テレーズ・カバリュス(仏: Jeanne- Marie-Ignace-Thérèse Cabarrus、西: Juana Maria Ignazia Thérésa Cabarrus)であるが、「テレザ・カバリュス(仏: Thérésa Cabarrus)」という彼女本人が好んで用いた通称で有名。また結婚後の姓であるフォントネ侯爵夫人またはタリアン夫人とも呼ばれた。
rdfs:label
  • テレーズ・カバリュス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of