Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テュエステース(古希: Θυέστης, Thyestēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してテュエステスとも表記される。タンタロスの子ペロプスとヒッポダメイアの子で、アトレウス、ピッテウス、プレイステネース、アステュダメイア、ニーキッペー、リューシディケーと兄弟、また異母兄弟にクリューシッポスがいる。水のニュムペーとの間にアグラオス、カリレオーン、オルコメノスを、アトレウスの妻アーエロペーとの間にタンタロス、プレイステネースをもうけた。しかしプレイステネースはアトレウスの子供だったのを自分の子として育てたともいう。また自分の娘ペロピアとの間にアイギストスをもうけた。テュエステースはミュケーナイの王位をめぐり、姦通と偽誓によって兄であるアトレウスを陥れようとし、アトレウスのおぞましい報復を受けたことで知られる。この悲劇はペロプスがミュルティロスを殺したことに起因する呪いが原因であるなどといわれ、タンタロスの家系にたび重なる悲劇の中核をなしている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1493343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53272349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テュエステース(古希: Θυέστης, Thyestēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してテュエステスとも表記される。タンタロスの子ペロプスとヒッポダメイアの子で、アトレウス、ピッテウス、プレイステネース、アステュダメイア、ニーキッペー、リューシディケーと兄弟、また異母兄弟にクリューシッポスがいる。水のニュムペーとの間にアグラオス、カリレオーン、オルコメノスを、アトレウスの妻アーエロペーとの間にタンタロス、プレイステネースをもうけた。しかしプレイステネースはアトレウスの子供だったのを自分の子として育てたともいう。また自分の娘ペロピアとの間にアイギストスをもうけた。テュエステースはミュケーナイの王位をめぐり、姦通と偽誓によって兄であるアトレウスを陥れようとし、アトレウスのおぞましい報復を受けたことで知られる。この悲劇はペロプスがミュルティロスを殺したことに起因する呪いが原因であるなどといわれ、タンタロスの家系にたび重なる悲劇の中核をなしている。
rdfs:label
  • テュエステース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of