Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テムゲ・オッチギン(Temüge Odčigin、? - 1246年)は、チンギス・カンの末弟で、モンゴル帝国の皇族である。イェスゲイ・バアトルとコンギラト部族オルクヌウト氏族出身のホエルンとの四男で、他の同母兄にはジョチ・カサルとカチウンがいる。『元朝秘史』『元史』などの漢語資料では、帖木格斡惕赤斤(『元朝秘史』巻1・60段)、鐵木哥斡赤斤 國王、帖木格斡赤斤、忒木哥窩眞、斡陳那顔など。『集史』などのペルシア語表記では تموكه اوتچكين Tamūka Ūtchikīn と書かれる。『集史』によると、オッチ(ギン)・ノヤン اوتچی نويان Ūtchī Nūyān という名前で知られていたといい、『世界征服者史』でも اوتكين نويان Ūtkīn Nūyān と書かれている。オッチギンとは「炉の番人」の意でありとは、テムゲが母ホエルンの家産を相続する末子であったことからこう呼ばれた。チンギスから特に愛され、国王の称号を与えられた。チンギスが即位した後に5の千人隊を与えられ、さらに母ホエルンが与えられた3の千人隊を継承し、8の千人隊を有するに至った。モンゴル東方の左翼部の満州に接する地域に遊牧地を与えられ、ジョチ・カサル、カチウンの子孫ら東方の王侯を統率し、モンゴル貴族や漢人勢力に影響力を持つモンゴル帝国左翼の中心人物となった。チンギスの死後は甥のオゴデイの擁立に協力し、モンゴル帝国の東方を代表する人物としてオゴデイ・ハーン、西方地域を統括する甥チャガタイとともにモンゴル帝国の新体制を構築した。テムゲ・オッチギンは勇気のある性格で、オルドを治めることを好んだという。また、派手好みな性格で、領地に宮殿や園囿を多く造ったと言われている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 211850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58594375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テムゲ・オッチギン(Temüge Odčigin、? - 1246年)は、チンギス・カンの末弟で、モンゴル帝国の皇族である。イェスゲイ・バアトルとコンギラト部族オルクヌウト氏族出身のホエルンとの四男で、他の同母兄にはジョチ・カサルとカチウンがいる。『元朝秘史』『元史』などの漢語資料では、帖木格斡惕赤斤(『元朝秘史』巻1・60段)、鐵木哥斡赤斤 國王、帖木格斡赤斤、忒木哥窩眞、斡陳那顔など。『集史』などのペルシア語表記では تموكه اوتچكين Tamūka Ūtchikīn と書かれる。『集史』によると、オッチ(ギン)・ノヤン اوتچی نويان Ūtchī Nūyān という名前で知られていたといい、『世界征服者史』でも اوتكين نويان Ūtkīn Nūyān と書かれている。オッチギンとは「炉の番人」の意でありとは、テムゲが母ホエルンの家産を相続する末子であったことからこう呼ばれた。チンギスから特に愛され、国王の称号を与えられた。チンギスが即位した後に5の千人隊を与えられ、さらに母ホエルンが与えられた3の千人隊を継承し、8の千人隊を有するに至った。モンゴル東方の左翼部の満州に接する地域に遊牧地を与えられ、ジョチ・カサル、カチウンの子孫ら東方の王侯を統率し、モンゴル貴族や漢人勢力に影響力を持つモンゴル帝国左翼の中心人物となった。チンギスの死後は甥のオゴデイの擁立に協力し、モンゴル帝国の東方を代表する人物としてオゴデイ・ハーン、西方地域を統括する甥チャガタイとともにモンゴル帝国の新体制を構築した。テムゲ・オッチギンは勇気のある性格で、オルドを治めることを好んだという。また、派手好みな性格で、領地に宮殿や園囿を多く造ったと言われている。
rdfs:label
  • テムゲ・オッチギン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of