テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量は319.27。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。

Property Value
dbo:abstract
  • テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量は319.27。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。 (ja)
  • テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量は319.27。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。 (ja)
dbo:iupacName
  • Octahydro-12-(hydroxymethyl)-2-imino-5,9:7,10a-dimethano-10aH-[1,3]dioxocino[6,5-d]pyrimidine-4,7,10,11,12-pentol (ja)
  • Octahydro-12-(hydroxymethyl)-2-imino-5,9:7,10a-dimethano-10aH-[1,3]dioxocino[6,5-d]pyrimidine-4,7,10,11,12-pentol (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 63275 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18242 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80423546 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:iupac名
  • Octahydro-12--2-imino-5,9:7,10a-dimethano-10aH-[1,3]dioxocino[6,5-d]pyrimidine-4,7,10,11,12-pentol (ja)
  • Octahydro-12--2-imino-5,9:7,10a-dimethano-10aH-[1,3]dioxocino[6,5-d]pyrimidine-4,7,10,11,12-pentol (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • anhydrotetrodotoxin, 4-epitetrodotoxin, tetrodonic acid, TTX、タリカトキシン、スフェロイジン、テトロドキシン、テトロドントキシン (ja)
  • anhydrotetrodotoxin, 4-epitetrodotoxin, tetrodonic acid, TTX、タリカトキシン、スフェロイジン、テトロドキシン、テトロドントキシン (ja)
prop-ja:化合物名
  • -テトロドトキシン (ja)
  • -テトロドトキシン (ja)
prop-ja:画像
  • Tetrodotoxin-3D-balls.png (ja)
  • Tetrodotoxin-3D-balls.png (ja)
prop-ja:画像ファイル
  • Tetrodotoxin.svg (ja)
  • Tetrodotoxin.svg (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量は319.27。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。 (ja)
  • テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量は319.27。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。 (ja)
rdfs:label
  • テトロドトキシン (ja)
  • テトロドトキシン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • anhydrotetrodotoxin, 4-epitetrodotoxin, tetrodonic acid, TTX、タリカトキシン、スフェロイジン、テトロドキシン、テトロドントキシン (ja)
  • anhydrotetrodotoxin, 4-epitetrodotoxin, tetrodonic acid, TTX、タリカトキシン、スフェロイジン、テトロドキシン、テトロドントキシン (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:shortsummary of
is foaf:primaryTopic of