Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テテ(Tete)は、モザンビーク北部の都市。テテ州の州都である。人口152,909人(2007年)。ザンベジ川右岸に位置し、ザンベジ川地方最大の都市である。テテとは「葦」を意味する。標高が低く風の通りにくい渓谷に位置するため、モザンビークで最も暑い都市といわれる。近隣で産出する石炭や金などの鉱物資源やトウモロコシ、綿花、キャッサバ、タバコなどを集散する商業都市である。テテはスワヒリ商人の交易基地として重要であったが、大航海時代に入りポルトガルがモザンビーク沿岸地方に進出すると、1531年、上流にあったモノモタパ王国との交易基地としてモザンビーク島からやってきたポルトガル人がテテの街を建設した。市の北東には2.4kmの滑走路を有する、テテ・チンゴジ空港(IATA:TET、ICAO: FQTT)があるほか、ポルトガル植民地時代の1973年に完成した、全長1kmのテテ吊橋が主要インフラとなっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1895634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47098399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テテ(Tete)は、モザンビーク北部の都市。テテ州の州都である。人口152,909人(2007年)。ザンベジ川右岸に位置し、ザンベジ川地方最大の都市である。テテとは「葦」を意味する。標高が低く風の通りにくい渓谷に位置するため、モザンビークで最も暑い都市といわれる。近隣で産出する石炭や金などの鉱物資源やトウモロコシ、綿花、キャッサバ、タバコなどを集散する商業都市である。テテはスワヒリ商人の交易基地として重要であったが、大航海時代に入りポルトガルがモザンビーク沿岸地方に進出すると、1531年、上流にあったモノモタパ王国との交易基地としてモザンビーク島からやってきたポルトガル人がテテの街を建設した。市の北東には2.4kmの滑走路を有する、テテ・チンゴジ空港(IATA:TET、ICAO: FQTT)があるほか、ポルトガル植民地時代の1973年に完成した、全長1kmのテテ吊橋が主要インフラとなっている。
rdfs:label
  • テテ (モザンビーク)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ibTd of
is foaf:primaryTopic of