Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テスラタービン(英語:Tesla turbine)は、ニコラ・テスラが発明したタービンである。1913年にニコラ・テスラが特許を取得した。テスラタービンには通常のタービンに見られる螺旋状の羽根が無く、何枚かの円盤を層状に組み合わせた構造を有し、境界層効果を利用する構造となっている。羽根がないことを強調する意味で、ブレードレスタービンと呼ばれることもある。同様にテスラタービンは通常のタービンとは異なりブレードを持たず、境界層効果を使用するので境界層タービン、cohesion-型タービンや プラントル層タービン (ルートヴィヒ・プラントルに由来する) としても知られる。タービンが羽根形状を有していないことから、耐久性に優れ、メンテナンスが容易である特徴を持つ。しかし、効率は通常のタービンより劣り、実用化される例は希有である。 平滑な円盤状素材があれば比較的簡単に模型が製作できる。コンパクトディスクなど一定の空間を空けて積み重ね、圧縮空気を吹き付ければ、回転する様子を見ることができる。タービンとは逆にポンプの分野では、テスラタービンの構造に似た境界層効果を利用する複数の円盤を並べた遠心ポンプとしてブレードレスポンプが開発され、実用化されている。 テスラがこのタービンに関する記述にOur Future Motive Powerの地熱発電の項目で記述される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1164923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8212 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55916018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テスラタービン(英語:Tesla turbine)は、ニコラ・テスラが発明したタービンである。1913年にニコラ・テスラが特許を取得した。テスラタービンには通常のタービンに見られる螺旋状の羽根が無く、何枚かの円盤を層状に組み合わせた構造を有し、境界層効果を利用する構造となっている。羽根がないことを強調する意味で、ブレードレスタービンと呼ばれることもある。同様にテスラタービンは通常のタービンとは異なりブレードを持たず、境界層効果を使用するので境界層タービン、cohesion-型タービンや プラントル層タービン (ルートヴィヒ・プラントルに由来する) としても知られる。タービンが羽根形状を有していないことから、耐久性に優れ、メンテナンスが容易である特徴を持つ。しかし、効率は通常のタービンより劣り、実用化される例は希有である。 平滑な円盤状素材があれば比較的簡単に模型が製作できる。コンパクトディスクなど一定の空間を空けて積み重ね、圧縮空気を吹き付ければ、回転する様子を見ることができる。タービンとは逆にポンプの分野では、テスラタービンの構造に似た境界層効果を利用する複数の円盤を並べた遠心ポンプとしてブレードレスポンプが開発され、実用化されている。 テスラがこのタービンに関する記述にOur Future Motive Powerの地熱発電の項目で記述される。
rdfs:label
  • テスラタービン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of