Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テストパイロット(Test pilot)とは、新型あるいは改造型の航空機で特定の操縦を行い、その結果を測定し設計を評価する飛行士である。テストパイロットは、軍事組織や(多くは航空宇宙関連の)民間企業に所属していることが多い。特に軍用機のテストは、平時では最も危険でやりがいのある飛行だと考えられ、つまり軍用航空の頂点に位置している。1950年代には、およそ1週間に1人の割合でテストパイロットが死亡していたが、1960年代以降、航空機技術の成熟、地上テストの向上、シミュレーションの導入などによって危険は急速に減少し、最近では実験機のテストを無人で行うことが多くなってきている。しかし、その他の航空機よりも実験機の操縦がはるかに危険であることに変わりはない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 888182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58074441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テストパイロット(Test pilot)とは、新型あるいは改造型の航空機で特定の操縦を行い、その結果を測定し設計を評価する飛行士である。テストパイロットは、軍事組織や(多くは航空宇宙関連の)民間企業に所属していることが多い。特に軍用機のテストは、平時では最も危険でやりがいのある飛行だと考えられ、つまり軍用航空の頂点に位置している。1950年代には、およそ1週間に1人の割合でテストパイロットが死亡していたが、1960年代以降、航空機技術の成熟、地上テストの向上、シミュレーションの導入などによって危険は急速に減少し、最近では実験機のテストを無人で行うことが多くなってきている。しかし、その他の航空機よりも実験機の操縦がはるかに危険であることに変わりはない。
rdfs:label
  • テストパイロット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:laterwork of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:任務 of
is foaf:primaryTopic of