Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テオプラストス(希: Θεόφραστος, ラテン文字転記:Theophrastos, 英: Theophrastus、紀元前371年 – 紀元前287年)は古代ギリシアのレスボス島生まれの哲学者、博物学者、植物学者である。植物研究における先駆的な功績から「植物学の祖」と呼ばれる。アリストテレスの同僚、友人で、逍遙学派の主要人物の一人であった。アリストテレスの次に、リュケイオンの学頭を務めた。透徹した批評眼と流麗な語り口、心優しい人柄で、学者や学生たち、アテナイ市民だけでなく、マケドニアのピリッポス2世やカッサンドロス王、エジプトのプトレマイオス1世らの尊敬を集めた。
dbpedia-owl:birthYear
  • -371-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:deathYear
  • -287-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:era
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1932319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56735428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 紀元前371年
prop-ja:birthPlace
  • エレソス
prop-ja:caption
  • パレルモ植物園の彫像
prop-ja:deathDate
  • 紀元前287年
prop-ja:deathPlace
prop-ja:era
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
  • ランプサコスのストラトン, アフロディシアスのアレクサンドロス, 逍遙学派
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • テオプラストス
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • テオプラストス(希: Θεόφραστος, ラテン文字転記:Theophrastos, 英: Theophrastus、紀元前371年 – 紀元前287年)は古代ギリシアのレスボス島生まれの哲学者、博物学者、植物学者である。植物研究における先駆的な功績から「植物学の祖」と呼ばれる。アリストテレスの同僚、友人で、逍遙学派の主要人物の一人であった。アリストテレスの次に、リュケイオンの学頭を務めた。透徹した批評眼と流麗な語り口、心優しい人柄で、学者や学生たち、アテナイ市民だけでなく、マケドニアのピリッポス2世やカッサンドロス王、エジプトのプトレマイオス1世らの尊敬を集めた。
rdfs:label
  • テオプラストス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • テオプラストス
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of