Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種。自然界ではほぼカカオのみに含まれ、チョコレートやココアの苦味成分である。メチルキサンチンの一種で、テオフィリンやカフェインと似た構造を持つ。その名前に反して臭素(Bromine)は持たず、テオブロミンという名前は、ギリシア語で神の(theo)食べ物(broma)という意味を持つカカオの学名Theobromaに由来する。テオブロミンは水に溶けない結晶性の粉末であり、色は白か透明である。テオブロミンはカフェインに3つあるメチル基のうち、1位のメチル基が外れた構造をしているが、7位のメチル基が外れたものは緑茶の苦味成分テオフィリン、3位のメチル基が外れたものはパラキサンチンであり、これらは異性体の関係にある。テオブロミンは1878年にカカオの種子より初めて分離され、程なくしてエミール・フィッシャーによってキサンチンからの人工的な合成法が確立された。
dbpedia-owl:casNumber
  • 83-67-0
dbpedia-owl:iupacName
  • 3,7-ジメチルキサンチン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 928404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58478109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 83 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C7H8N4O2
prop-ja:分子量
  • 180.160000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:形状
  • 白色結晶
prop-ja:構造式
prop-ja:
  • 固体
prop-ja:融点
  • 345 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種。自然界ではほぼカカオのみに含まれ、チョコレートやココアの苦味成分である。メチルキサンチンの一種で、テオフィリンやカフェインと似た構造を持つ。その名前に反して臭素(Bromine)は持たず、テオブロミンという名前は、ギリシア語で神の(theo)食べ物(broma)という意味を持つカカオの学名Theobromaに由来する。テオブロミンは水に溶けない結晶性の粉末であり、色は白か透明である。テオブロミンはカフェインに3つあるメチル基のうち、1位のメチル基が外れた構造をしているが、7位のメチル基が外れたものは緑茶の苦味成分テオフィリン、3位のメチル基が外れたものはパラキサンチンであり、これらは異性体の関係にある。テオブロミンは1878年にカカオの種子より初めて分離され、程なくしてエミール・フィッシャーによってキサンチンからの人工的な合成法が確立された。
rdfs:label
  • テオブロミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 2,6-ジヒドロキシ-3,7-ジメチルプリン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:opt2n of
is foaf:primaryTopic of