Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テオフィリン (theophylline) は茶葉に含まれる苦味成分である。アルカロイドの一種で、キサンチン誘導体に分類される。また医薬品として、気管支喘息や慢性気管支炎などの呼吸器系疾患の治療に用いられる。茶葉に含まれる量は、医薬品として用いられる量に比べて非常に少ない。日本における商品名は「テオドール」(田辺三菱製薬)、「ユニフィル」(大塚製薬)などがあるが、この他に現在は後発医薬品が各社から販売されている。
dbpedia-owl:casNumber
  • 58-55-9
dbpedia-owl:iupacName
  • 1,3-ジメチルキサンチン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 928443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58477987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • テオフィリン
prop-ja:smiles
  • n1cnc2nc[nH]c2c1=O
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:分子式
  • C7H8N4O2
prop-ja:分子量
  • 180.160000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:形状
  • 白色結晶
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 固体
prop-ja:融点
  • 272 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • テオフィリン (theophylline) は茶葉に含まれる苦味成分である。アルカロイドの一種で、キサンチン誘導体に分類される。また医薬品として、気管支喘息や慢性気管支炎などの呼吸器系疾患の治療に用いられる。茶葉に含まれる量は、医薬品として用いられる量に比べて非常に少ない。日本における商品名は「テオドール」(田辺三菱製薬)、「ユニフィル」(大塚製薬)などがあるが、この他に現在は後発医薬品が各社から販売されている。
rdfs:label
  • テオフィリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • テオフィリン
  • 1,3-ジメチル-7H-プリン-2,6-ジオン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of